家事えもん式!キッチンの壁や天井の油汚れの簡単お掃除方法

キッチンのステンレス素材の壁やレンジには、洗剤をガンガン吹きかけて水拭きして…と、気持ちよくお掃除できますが、壁のビニールクロスなどは、そういうわけにもいきません。

長い間使っていると、料理の油やたばこのヤニなどがこびりついて、茶色いシミができてしまっていることも…。

でも大丈夫!

家事えもん式のお掃除方法なら、特別な道具も不要で、一般的なビニールクロスの汚れが簡単に落とせます。

スポンサーリンク

パルプ製クロスとセスキ炭酸ソーダで壁のシミが消える!

今回の家事えもんさんの秘密道具は、パルプ性クロスとセスキ炭酸ソーダ。


どちらもホームセンター等で購入することができます。

アズマ 洗剤のいらないふきん ふしぎクロス 4色組

家事えもん
普通のぞうきんは、綿でできていますが、これはパルプという素材で、繊維がとても細かいため、油を吸収する効果がすごく高いのです。


パルプの細かい繊維を水でぬらすことで、繊維が束状になり、油汚れなどをからめとる力がとても優れているのです。


このパルプ製クロスを、フロアモップに装着しておきます。


水にセスキ炭酸ソーダを溶かして、スプレーボトルに入れます。

家事えもん
セスキ炭酸ソーダは、重曹よりも油やたんぱく質の汚れを落とす効果が高いです。
タバコのヤニもタールという油なので、喫煙されるご家庭の壁の黄ばみにも効果があります。


パルプ製クロスを装着したフロアモップに、セスキ炭酸ソーダ水を吹きかけます。


これで準備OK。

あとはこのフロアモップで汚れた壁や天井を磨いていくだけです。

ビニールクロスは通常、こまかい凹凸があるので、方向を変えて、いろいろな角度から拭いていくと汚れが落ちやすいです。



以上です。

年末の大掃除にお役立てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ