玉ねぎヨーグルトの効果的な食べ方!納豆を足すともっと楽にやせる!

毎日食べるだけで楽にやせられると話題の玉ねぎヨーグルト。

もっと楽に効率的に痩せるためには、もう一つ、私たち日本人にとっておなじみの食材を加えると良いことがわかりました!

スポンサーリンク

参考:2017年12月14日放送「得する人損する人」
順天堂大学医学部 小林弘幸教授

食べるだけでやせる玉ねぎヨーグルトとは

「玉ねぎヨーグルトでやせた!」「便通が良くなり、長年の便秘が解消した!」という人も多く、毎日食べて無理せず手軽にやせられると話題です。

書籍も販売されているほどの人気ぶりなので、現在実行中の方も多いのではないでしょうか。

玉ねぎヨーグルト 腸を整える&血液サラサラ効果で健康に![本/雑誌] / 井上裕美子/著 木村郁夫/医学監修

玉ねぎヨーグルトの作り方と食べ方

玉ねぎヨーグルトの作り方は簡単!

玉ねぎ2分の1個をスライスします。

にがみを飛ばすため、出来るだけ薄くスライスするのがおいしく食べるコツ。

無糖のヨーグルト200gと玉ねぎを混ぜ、塩小さじ2分の1を加えてさらに混ぜ、出来上がり。


そのまま食べてもOKですが、時間の余裕があれば少し寝かせましょう。

玉ねぎがしんなりするまで(一晩ほど)寝かせたら食べごろです。


この玉ねぎヨーグルトを、わずか1日50g、スプーン2杯ほどずつ毎日食べる。


それだけで便秘が解消し、やせられるのが玉ねぎヨーグルトダイエットです。


玉ねぎヨーグルトは、冷蔵庫で2,3日保存できますので、家族全員分作って食べるのもおすすめです。

玉ねぎヨーグルトでやせるメカニズム

玉ねぎヨーグルトを食べるだけでやせられるのは、なぜなのでしょうか。

そのメカニズムは以下の通り。


ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は、玉ねぎの「イヌリン」という水溶性職務つ繊維をエサにして食べます。

この時発生するのが「短鎖脂肪酸」。

この短鎖脂肪酸が、玉ねぎヨーグルトの要である「やせ酸」なのです。

短鎖脂肪酸の働きとは

短鎖脂肪酸が「やせ酸」と呼ばれる理由は、短鎖脂肪酸の持つ以下の働きによるものです。

◆腸の働きを活性化する
◆代謝を上げる
◆脂肪の吸収を抑える
◆食欲を抑える

これらの働きにより、便通が良くなり、脂肪の吸収がゆるやかになって、徐々に、楽にやせていくというわけです。

スポンサーリンク

玉ねぎヨーグルトに納豆を加えると効果倍増!

そんな玉ねぎヨーグルトを、さらに効果的に食べる方法があります。

それは、納豆を混ぜること。

納豆を混ぜると、乳酸菌は、納豆のムチンもさらなるエサにしていくため、やせ酸・短鎖脂肪酸がより多く発生しやすくなります。

これにより、4つのダイエット効果がさらにアップします。


分量としては、玉ねぎヨーグルトスプーン2杯分に、納豆1パックをまぜてそのまま食べるだけ。


簡単ですが、おいしいかどうかが問題になってきますよね。

納豆入り玉ねぎヨーグルトの味は、かなり好き嫌いが分かれまるようです。

そらそうだわな~(^^;)


もしどうしても口に合わないようであれば、玉ねぎヨーグルトと納豆をそれぞれ別に食べてもOKです。

玉ねぎヨーグルトさえ無理!という方は、玉ねぎとヨーグルトと納豆をそれぞれ別々に、あまり時間をおかず食べてください

効果は変わりません。

納豆入り玉ねぎヨーグルトをカレーのような味のはっきりしたものにトッピングすると、味がまぎれて気にならなくなることもあるので、ぜひお試しを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ