梅雨時の部屋干しはイヤなにおいがする!洗濯物のにおい対策アレコレ

洗濯物が乾かない~!

これって梅雨時の主婦の大きなストレス要因ですね。

雨でぬれたり汚れたりする分、洗濯物もいつもより増えるので、乾かないからといって洗濯しないわけにもいかず。

乾燥機にかけたくないデリケート衣類もけっこうあるし、不本意ながら部屋干しにする機会も増える季節。

だけど部屋干しにすると、スッキリと乾かない上、服にイヤ~なニオイもついて、ユウウツな気分になってしまうことも…。

 
でも大丈夫!

部屋干しでも洗濯物のイヤなにおいを防ぐポイントがいくつかあるので、おさえておきましょう!

スポンサーリンク



部屋干し洗濯物のニオイの原因は…?

部屋干しした時に付く独特のあのにおいは、実は洗濯物に残っているタンパク質や脂肪などの汚れが原因です。

1415

洗濯機でしっかり洗っているつもりでも、服には微量の汚れが残っています。

その中のタンパク質や脂質は、天気の良い日に天日の下で干せば、直射日光によって殺菌され、早く乾くので何の問題もありません。

 
でも、同じものを梅雨の時期に室内で干すと、直射日光に当たらないし風も通らないため、なかなか乾かず、濡れているままの状態が長くなります。

その間にタンパク質や脂質が酸化・分解され、それを栄養素にして新たな菌が繁殖し、あのイヤなにおいを発生させてしまうのです。

 

スポンサーリンク




 

部屋干しの洗濯物の臭い予防対策

洗濯ものを部屋干しする時のにおい対策で大切なのは、

①洗濯時物についた雑菌の繁殖をおさえる
②できるだけ早く乾かしてしまう

この二つのポイントをおさえることが大切です。

 

洗濯する前の汚れものの通気を良くしておく

洗濯機の中に、洗濯する予定のものを次々つっこんでいき、上までたまってきたら、洗濯機をまわす…。

そのような流れのご家庭も少なくないようです。

 
でも、洗濯機の中は空気が通りません。

その中に洗濯ものをため込んで置いておくと、どんどん汚れが酸化していき、雑菌も繁殖していきます。

 
酸化の進んだ汚れ・繁殖した雑菌のついた洗濯ものを、そのまま洗濯機の中でグルグル回して洗っても、キレイにとれず、汚れはしみ付いたままになってしまうのです。

 
梅雨の時期は洗濯ものをできるだけため込まないようにしましょう。

忙しくてどうしてもたまってしまう…という時は、洗濯機の中ではなく、通気性の良いカゴの中に入れておくのがおすすめ。

1416

 

部屋干し専用の洗剤を使う

間違いなく今日は部屋干しになりそう…という日は、部屋干し用の洗剤を使うようにしましょう。

部屋干し用の洗剤には、菌の繁殖を防いでにおいを抑える成分が配合されています。

「部屋干し専用洗剤を使うことで完全ににおいが防げる」というわけではありませんが、除菌効果が高いのでおすすめです。

 

除菌スプレーは濡れているうちにかける

除菌スプレーも、におい対策には有効です。

1418

洗濯物を干してすぐのまだ濡れているうちに、全体にまんべんなく吹きかけるのがベスト。

洗濯物が多いとちょっと手間ですが、臭い消し効果は高いです。

 

早く乾かす工夫をする

できるだけ素早く乾かす方法としては、脱水をいつもより長めにやっておくのも効果があります。

干す前にもう一度脱水にかけるのもおすすめ。

 
干す時は、洗濯物同士の間隔をあけて空気の通り道を作りましょう。

洗濯ものは、外側に長いもの、中央に向かって短いものを干し、アーチ型にすることで空気の通り道ができ、乾きやすくなります。

1417

さらに扇風機や除湿機などを利用することで、より早く乾かすことができます。


 
洗濯マイスター・杉山司さんの裏ワザもご参考にどうぞ!

部屋干しでも臭わない!洗濯物が早く乾く裏ワザ【杉山司×朝チャン】

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す