煮卵を手間なく簡単に作る方法|半熟煮卵も【世界一受けたい授業】

お料理は、毎日のことですから、少しでも手間を省いて時短で作りたいものです。

やり方次第では、おいしい煮卵も、手間なく簡単に作ることができます。

「世界一受けたい授業」で紹介されていた、「簡単煮卵の作り方」です!

スポンサーリンク

簡単!節約にもなる煮卵の作り方

参考:2017年12月16日放送「世界一受けたい授業」
日本獣医生命科学大学 栄養士 佐藤秀美 先生

煮卵はおいしいですが、ゆで卵を15分~20分煮込まなくてはならず、その間キッチンを離れられないので、手間ひまとガス代がかかります。

でも、「世界一美味しい煮卵の作り方」の方法なら、煮込む必要がありません。


タッパーなどの密閉容器にゆで卵を入れ、めんつゆを入れます。

麺つゆの深さは、1センチ~1.5センチ程度でOK。

卵の上に、容器に入る大きさにカットしたキッチンペーパーをかぶせます。

その上からさらにめんつゆをかけ、キッチンペーパーにしみ込ませます。


タッパーのフタをして、冷蔵庫で半日ほどつけ込めば完成です。

佐藤秀美先生
めんつゆをしみこませたキッチンペーパーを、ゆで卵に密着させて漬けておくことで、少ない麺つゆでも卵全体に味をしみ込ませることができます。
夜漬け込んでおいて、朝お弁当に入れるのもおすすめです。


この方法なら、放置でしっかり味がしみ込んだ煮卵ができるので、煮込み時間を気にしなくても良いのもポイントです。

そして、黄身がやわらかい状態の煮卵を作れるのもおすすめポイント。


ただし、生卵や半熟卵はいたみやすいので、お弁当用の煮卵は、必ずかたゆで卵を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ