弱火調理のオムライスレシピ!水島弘史のパラパラチキンライスとふわトロ卵

オムライスって、おうちで作るとチキンライスが水っぽくてベチャベチャになるし、卵は破れてしまったり、固くなりすぎたりして、難しいですよね。

低温調理・弱火調理の水島弘史シェフのレシピなら、パラパラチキンライスとふわトロたまごで、簡単にお店のようなオムライスが作れます!

スポンサーリンク



参照元:2017年9月16日放送「サタデープラス」

水島弘史シェフの弱火調理オムライスレシピ

材料

【分量は1人前です】
玉ねぎ(1センチ角切り) 20g
パプリカ(1センチ角切り) 20g
マッシュルーム(1センチ角切り) 20g
鶏もも肉(2センチ角切り) 60g
日本酒 20g
温かいごはん 150g
トマトペースト 18g
塩 3g
砂糖 3g
コショウ適量

卵 2個
牛乳 50g
塩 1.2g
砂糖 1g
コショウ 適量
無塩バター 10g

作り方

チキンライスを作る

野菜を炒める

火にかけてないフライパンに大さじ1程度のサラダ油を入れ、玉ねぎ・パプリカ・マッシュルームを入れて、具材に油が絡まるように混ぜ合わせます。

 

炒める前に具材を油でコーティングすることにより、水分やうまみが閉じ込められるので、チキンライスがベチャベチャしにくく、おいしくなります。

弱火で火にかけ、炒めます。

鶏もも肉を炒め、野菜と合わせてさらに炒める

別のフライパンにサラダ油と鶏もも肉を入れ、野菜と同様、油でコーティングしてから弱火で焼きます。

まずは片面をじっくり焼き、コロコロひっくり返さないようにしましょう。

 

弱火でじっくり火を入れると、肉汁を閉じ込めてふっくらジューシーに焼きあがります。

鶏肉をキッチンペーパーにとって余分な油を取ります。

野菜を炒めたフライパンに鶏肉を入れ、日本酒を入れて、さらに弱火で炒めます。

炒めた野菜と鶏肉を、いったんフライパンから取り出しておきます。

ごはんを炒める

温かいご飯を用意します。

 

冷めて乾燥した冷やご飯は、具材の水分を吸収しやすく、ベチャベチャしやすいのです。

ご飯をザルに入れ、大さじ3杯程度のお水をふりかけ、さっくり混ぜてごはんをほぐします。

 

暖かいご飯を水で洗うことで、でんぷん質の粘りを取る効果があります。

さらに、サラダ油(大さじ2程度)をふりかけ、さっくり混ぜます。

 

先に油でコーティングすることにより、ごはんが余分な水分を吸わず、パラパラでふっくらなチキンライスに仕上がります。

火をつけてないフライパンにご飯を入れ、弱火で炒めます。

トマトペーストを入れ、さらに炒めます。

具と混ぜてさらに炒める

ごはんとトマトーペーストが混ざってきたら、先にいためておいた具材を入れ、混ぜながら炒めます。

塩・砂糖・コショウで味を調えて、チキンライスの完成です。

お皿に盛りつけておきましょう。

スポンサーリンク



ふわトロ卵をつくる

卵を溶き、味付けする

ボウルに卵を割り入れ、ほぐします。

牛乳・塩・砂糖・コショウを入れてよく混ぜます。

 

お砂糖を少量入れることで、卵の中の水分がしっかりと保水され、フワフワで破れにくい卵に仕上がります。

卵を炒める

フライパンを弱火にかけてバターを入れ、溶かします。

弱火のままのフライパンに、卵液を流し入れます。

卵は鍋肌の側面から固まってくるので、耐熱ゴムベラなどで卵をはがすようにかき混ぜながら、ゆっくり火を通していきます。

ヘラでフライパンの底にスーッと線を引いても卵が流れてこなくなるくらいまで固まったら、フライパンを軽くゆすり、表面を平らにして形を整えます。

卵をチキンライスにのせる

フライパンの柄を逆手で持ち、反対の手でチキンライスのお皿を持ち、お皿とフライパンが90度の角度になるよう両方を傾けた上で、フライパンをカパッとお皿にかぶせるようにして卵をチキンライスにかぶせます。

お好みでケチャップやデミグラスソースをかけて、でき上がりです。

 
以上です。

それぞれのステップ飛ばさず弱火で丁寧に調理していくことで、特別なワザもいらず、誰でも簡単にふわトロたまごとパラパラチキンライスのオムライスができます!

ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す