朝食にはトーストと卵を一度に焼くマヨたまトーストがおすすめ!

朝食の定番・トーストと卵ですが、トーストを焼きながら目玉焼きをつくるのって、意外と大変です。

そこで今回は、朝ごはんの新しい定番・マヨたまトーストのご紹介です。

スポンサーリンク



マヨたまトーストの作り方

用意するもの・食パン1枚・マヨネーズ・卵1個

作り方は簡単!

 

食パンにマヨネーズで土手をつくります。

この時、マヨネーズの出口は太い方を使います。

細い方から出したマヨネーズでは、しっかりした土手が作れず、焼いているうちに卵が流れ出てしまうことがあります。

 
マヨネーズで作った土手の真ん中に、生卵をのせます。

お好みの時間(5分前後目安)、トースターで焼きます。

マヨたまトーストの完成です!

黄身の部分がトロトロでとてもおいしく、洗い物も減らせるので、忙しい朝には最適です。

ぜひお試しを!

スポンサーリンク



マヨたまトーストをつくる時の諸注意

卵があまり大きすぎると、白身が流れ出てしまうことがあるので、卵は中サイズ以下のものを選ぶようにしてください。

また、マヨネーズの土手が低すぎても白身が流れ出てしまうことがあるので、ある程度の高さのあるしっかりした土手を作ってください。

白身が流れ出るのが心配な方は、アルミホイルに食パンをのせてから作るのがおすすめです。

マヨネーズの使い過ぎが気になる方は、食パンの中央(卵をのせる部分)を、あらかじめスプーンなどで少しつぶしてから作ると、パンの耳が土手がわりになるので、マヨネーズが少なめでも卵が流れ出すことなく作れます。

味付けはマヨネーズのみで十分ですが、お好みで生卵の上から塩または塩コショウを振りかけて焼いてもおいしいです。

 
以上です。

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す