根菜類はレンジでチンで時短と節約!【世界一受けたい授業】

玉ねぎやにんじん、ジャガイモ、ゴボウなどは、安くて手軽でおいしい料理の定番素材ですが、根菜類は火が通るまで時間がかかります。

煮込み時間や炒める時間が長くなる料理は、結構面倒なもの…。

でも大丈夫!

先にレンジでチンしておけば、火の通りが早くなるだけでなく、節約にもなりますよ~!

スポンサーリンク

調理の最初に電子レンジで加熱して時短と節約

参考:2017年12月16日放送「世界一受けたい授業」
日本獣医生命科学大学 栄養士 佐藤秀美 先生


炒めたり煮込んだりするのに時間が書かかるにんじん、ジャガイモ、玉ねぎ、ゴボウなどの根菜類は、切った後の調理前に、電子レンジで加熱しておきましょう。

佐藤秀美先生
電子レンジで加熱すると、野菜の細胞が壊れるので、短時間で味がよくしみ込むようになります。


調理前の電子レンジ加熱時間は、作りたいメニューや野菜の量、レンジの機種などにもよりますが、わずか数十秒の加熱でも、その効果を発揮します。

佐藤秀美先生
加熱した時に出る野菜の汁には、ビタミンやミネラルなどの栄養が溶けだしているので、捨てずに汁ごと料理に使いましょう。


野菜の汁は、お味噌汁や煮物など、チンした野菜とは別の料理に使ってもOKです。

先レンジメニュー・簡単オニオングラタンスープ

材料

玉ねぎ 2分の1個分
バター 適量(10g程度)
コンソメ
食パン
ピザ用チーズ

作り方

薄くスライスした玉ねぎにラップをかけ、レンジで加熱します。

500Wで4分目安。

 
連続で4分加熱すると、玉ねぎの先端が茶色くコゲてしまうことがあるため、2分くらい経った頃に一度ひと混ぜし、再度2分加熱するのがおすすめです。

フライパンにバターを入れて溶かし、レンジで加熱した玉ねぎを入れ、中火で2分半くらい炒めます。

水とコンソメを入れ、ひと煮立ちしたら、耐熱容器に移します。

カットした食パンとピザ用チーズをトッピングします。

オーブントースターで、チーズに焦げ目ができるまで加熱します。

 
通常は、玉ねぎがしんなりして色が変わるまで、長い時間炒めなくてはなりませんが、先にレンジでチンしておくことで、炒める時間を大幅に短縮できます
また、レンジでチンすると玉ねぎの甘みが増すので、時短でおいしいオニオングラタンスープが手軽に作れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ