小林カツ代さんの15分でできる簡単鶏唐揚げ|世界一受けたい授業

鶏のから揚げが大人気です!

鶏のから揚げレシピは数多く出ていますが、元祖・料理研究家、小林カツ代さんの作り方は、少ない油で効率よく仕上げる家庭向きのレシピです!

スポンサーリンク

少ない油で作る小林カツ代の鶏のから揚げレシピ

参考:2017年12月9日放送「世界一受けたい授業」

材料

鶏もも肉 1枚
【調味料】
すりおろしにんにく 少々
おろししょうが 少々
しょうゆ 大さじ2分の1
塩 小さじ2分の1
こしょう 少々

かたくり粉 2分の1カップ
揚げ油 適量

作り方

鶏もも肉についている黄色い脂身を取り除きます。

大きめの一口大に切ります。

もも肉をボウルに入れ、調味料を入れて、手でしっかりもみ込みます。

※こうすることで、鶏肉に味がよくしみ込みます。


かたくり粉を入れ、全体にムラなくまぶします。

ひとつひとつの鶏肉をギュッと握り、かたくり粉をしっかりまとわせます。


フライパンに油をしきます。

 
通常の揚げ油は、揚げ物がどっぷり浸かる量を使いますが、小林カツ代流では、深さ2センチ程度の揚げ油でOK
そのかわりに、フライパンにぎっしりと埋まるくらい鶏肉を敷き詰めて揚げます
こうすることで、少ない油でもカサが増し、鶏肉の8分目くらいまで浸かって揚げることができます。


170度まで熱したら、鶏肉を皮目を下にして並べ入れて行きます。

 
皮目を下にして揚げることで、皮がカリッと揚がります。


皮がこんがりとした色に変わってきたら裏返し、もうしばらく揚げます。

はしで全体をゆっくりと大きく混ぜ、から揚げを空気に触れさせます。

 
から揚げを空気に触れさせることで、プロがやっている「二度揚げ」を、手間をかけず簡単に再現することができます。


油から上げます。

バットやキッチンペーパーの上にのせて油きりをする時は、必ず皮目を上にして置きます

こうすることで、油切れが良くなり、皮のカリッとした状態をそのまま保つことができます。


以上です。

外はカリッとサクサク、中はジューシーなから揚げの出来上がりです。

家庭では、たっぷりの油を使った揚げ物はなかなか難しいですが、これなら気軽にから揚げが作れますね。

ぜひお試しを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ