家事えもんの万能洗剤でキッチンの油汚れが簡単にすぐに落ちる

キッチンまわりや換気扇の掃除、お風呂などの掃除って、なかなか汚れが落ちなくて大変ですよね。

塗ってすぐ簡単に落ちる洗剤があったら、お掃除も楽になるというもの…。

実は、そんな洗剤があるのです!

家事えもんがおすすめする、家にあるものや近くのスーパー、ホームセンターで買えるものでできる万能洗剤のご紹介です!

スポンサーリンク

家事えもんおすすめ!万能洗剤の作り方

家事芸人・家事えもんさんがおすすめする万能洗剤の作り方は以下の通りです。

■ 材料
空のボトル
重曹 50g
中性洗剤 50ml
焼酎 25ml

以上を混ぜ合わせて出来上がり。

簡単だし値段も高くありません。


その他に、ゴム手袋があると便利です。


これを60度程度のお湯で3分ほど湯せんにかけると、汚れ落ち効果がより高くなります。

家事えもん
中性洗剤に含まれる界面活性剤が、油を浮かし、汚れを取ります。
さらに焼酎には、界面活性剤の油を浮かせる力をパワーアップさせる効果があります。


この万能洗剤を汚れにかけ、1分ほどおきます。

時間が経ったらゴム手袋はめた手で、直接汚れをこすり落とします。

家事えもん
ゴム手袋には、表面上にスポンジやタオルにあるような穴がないため、重曹が入り込まず、研磨効果が薄れることなくフルに発揮されるので、直接使うのがおすすめです。


力を入れたりゴシゴシこすったりしなくても、汚れがスルスルと面白いように落ちていきます。

長年積もり積もった換気扇カバーの汚れもこの通り。

フィルターも、この方法でツルツルによみがえります。

スポンサーリンク

シロッコファンの掃除はビニール袋に浸け置きするだけ!

換気扇カバーやフィルターより大変そうに思えるのが、フィルターの奥にあるシロッコファン。

形状も複雑だし、洗うのはちょっと面倒そう…。


でも、家事えもんさんのやり方なら簡単!


シンクにシロッコファンがすっぽり入るゴミ袋かビニール袋を広げ、お湯を張ります。

そこに重曹を適量溶かし、シロッコファンを浸け、30分ほど置きます。


これだけ。

使い終わったゴミ袋は、底の部分にハサミを入れて水を抜けば後処理も簡単。

そのまま捨ててしまえばOKです。

シンクが油汚れまみれになることもありません。



以上です。

今まで大変だと思っていたキッチンの換気扇掃除も、これなら楽に簡単に、しかもすぐに汚れが落とせますね。

年末のお掃除が少しでも簡単に・楽にできるようになると、本当に助かります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ