簡単!柳澤英子のやせる作り置きレシピ・豚と白菜のミルフィーユ

やせやすい体をつくるダイエットメニュー。

できれば毎日食べたいけど、作るのは面倒ですよね…。

そこでダイエット本「やせたい人の肉レシピ」で話題の柳澤英子さんの、レンジで作る簡単手間なし「豚と白菜のミルフィーユ」のご紹介です。

作り置きもできるので、今夜の夕食のメニューのついでにあと2~3食分作っておきましょう!

スポンサーリンク

参考:2017年9月25日放送「ビビット」

豚と白菜のミルフィーユのレシピ

材料

豚肉 (バラ肉などの薄切り肉)
白菜 
ネギ

それぞれ適量

作り方

耐熱容器に、白菜⇒豚肉⇒ネギの順番で敷き詰めていきます。

同じ順番で、繰り返し具材を重ねていきます。

この時、白菜の芯の部分が一番上と一番下に来るように重ねるのがコツ


一番上まで重ね終わったら、しんなりするまでレンジでチンして出来上がりです。

ポン酢等をかけて、お鍋のようにして食べるとおいしいです。

作り置きは冷凍保存で

作り置き用に作ったものは、レンジでチンする前に、生の状態のままでフタをして冷凍します。

食べたい時に解凍し、レンジでチンしてください。

◆冷凍保存のポイント
冷凍すると、野菜の細胞壁が崩れてやわらかくなります。

その上で解凍・加熱すると、水分が出て調理しやすく、しっとりとまろやかな歯ごたえに仕上がります。


これからの季節、野菜たっぷりの鍋料理はおいしいけれど、そう簡単に鍋の用意はできませんよね。

それに「今夜は鍋」となったら、食卓が鍋一色になってしまいがちですが、このレシピなら、他のお惣菜に交じって「ミニ鍋風」の一品にすることもできます。

スポンサーリンク

脂肪タップリのバラ肉でもダイエットになるの?

このレシピの気になる点は、ダイエットレシピなのに脂肪タップリの豚のバラ肉を使うのがおすすめな点。

そう、やっぱり鍋にはアブラ身の多い肉が合うのです…。


でもご安心ください。

ダイエットに大切なのは、糖質オフ。

ごはんやパン・甘いものなど、糖質の高いものを減らすことの方が効果が高いです。


豚バラ肉に限らず、肉類にくっついている程度のアブラ身については、気にする必要はありません。


ただし、糖質制限は、やり過ぎに注意してください。

過ぎるとストレスが溜まってリバウンドしやすくなったり、さらにはうつ病などのリスクを高めるというデータもありますので、あくまでも「炭水化物や甘いおやつを少なめに食べる」という程度にとどめ、過度な制限は絶対にしないでくださいね。


その他にも、やせる肉料理レシピ・作り置きレシピが紹介されていましたので、参考にしてみて下さい。

無理せずやせるダイエットレシピ・油揚げピザ

ダイエット肉料理・豚のしょうが焼きレシピ

簡単作り置き卵料理レシピ・具だくさんオムレツ

やせる肉料理・レンチンバーグレシピ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ