ダイエット中でも食べたい!スイーツを食べるベストな時間帯は?

無理なダイエットは体にも精神的にも悪いし、ストレスがたまってドカ食い…なんてことのないよう、スイーツも適度に食べたいですね。

でも、同じスイーツを同じ量食べても、食べるタイミングや時間帯によってはダイエットに影響するみたいですよ~!

スポンサーリンク

 
食後のデザート大好き!
 
食後のデザートは太るんだって!
 
が~ん。どうして?

1153

ダイエットのためには、血糖値を急上昇させないことが大切。

血糖値が急上昇すると、上昇した血糖値をおさえるためにインスリンが大量分泌されます。

エネルギー源となる食事の量が多すぎると、インスリンは余ったエネルギーを脂肪として蓄えてしまうのです。

一食分しっかり食べた直後にさらにデザートを重ねて食べるのは、1回の食事量としては食べすぎ。

必要以上のエネルギー源が短時間に一気に入ってくるため、最後に入ってきたトドメのデザートのエネルギーは、体脂肪の原料に回るよりほか行き場がなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

 
スイーツを食べたかったら、いつ食べれば良いの?
 
午前10時と午後2時~3時がおすすめ。

血糖値は、食後2時間くらいで落ち着きます。

そのあとは、時間があけばあくほど、血糖値は下がっていきます。

血糖値が下がり過ぎているところに、数時間ぶりの食事を食べると、それだけで血糖値の急上昇を招いてしまうことに

それを防ぐには、午前10時頃と午後2時~3時頃におやつを食べるのが有効なのです。

 
カロリーが高めのものを食べるなら、午後2時~3時がいいよ!

体内に脂肪をため込もうとする「ビーマルワン」という成分があります。

このビーマルワンの分泌量には24時間のサイクルがあって、午後2時頃が一番少ないのです。

つまり、同じ高カロリーのものを食べるなら、午後2時~3時のビーマルワンの分泌量が少ないうちに食べるのが、一番体に影響が出にくいということ。

 
「スイーツは間食で食べる」「高カロリーのものは午後2時から3時」がポイントね!

カロリー制限し過ぎると、溜め込み体質になり脂肪が付きやすくなるので、適度な脂肪分の摂取はダイエットに有効です。

食べる時間やタイミングに気を付ければ、スイーツはダイエットの敵ではないことを覚えておき、上手に付き合って行きましょう。

1日5食で血糖値の上昇をおさえ、美肌効果とダイエット効果

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ