行列のできる名店「きじ」のお好み焼き完全再現レシピ

お好み焼きで有名な、行列のできるお店「きじ」をご存知ですか?

私も時々家族と開店15~20分前に行って並んで食べますが、本当においしいです!

2015年9月21日の「L4YOU!」では、そんな「きじ」のお好み焼き再現レシピが紹介されていました。

きじ 丸の内店 店主の戸田亘氏直伝、本物が教える公式レシピですよ~!!

スポンサーリンク

「きじ」お好み焼きの材料

※お好み焼き2枚分の材料です

生地の材料

● かつおの出汁 3/5カップ
● 鶏がらスープのもと 小さじ1弱
● 塩 小さじ1/2
● 小麦粉(薄力粉) 80g
● ベーキングパウダー 小さじ1/4
● ながいも(おろし) 大さじ1
● たまご 2個

タネの材料

● キャベツ 1/4個
● 青ネギ 大さじ1/2
● 紅ショウガのみじん切り 大さじ1/2
● 揚げだま 大さじ1/2
● 粉ガツオ 大さじ2

トッピングの材料

● 豚バラ肉 100g(脂身の多い肉がおすすめ!)
● 青じそ 2枚
● 粉ガツオ 適量
● 青のり 適量
● マヨネーズ 適量
● ソース 適量

生地の作り方

1.かつおの出汁、塩、鶏がらスープのもとをあわせ、まぜる

2.小麦粉とベーキングパウダーをあわせ、泡だて器でよく混ぜ合わせる
 ※ダマにならないよう、よく混ぜておくのがポイント

3.2の粉に1の出汁を一度に入れ、まぜる

4.おろしたやまいもを入れ、まぜる

5.たまご2個を入れ、まぜる

これで生地の完成です。

スポンサーリンク

タネと生地を合わせ、焼く

タネの材料をボールに入れ、生地とあわせて焼きます。

タネと生地は、1個1個焼く直前に混ぜるのがポイント!

混ぜ合わせた後時間を置いてしまうと、キャベツから水分が出はじめてしまいます。

まぜたら即焼き始めましょう。

まぜる時は、空気を含ませるように大きく混ぜ合わせます。

1358

大きくまぜるためには、大きめのボールを用意するのもポイントですね。

熱くしたフライパンかホットプレートに油をしき、お好み焼きのタネを入れ、丸くのばします。

真ん中を薄く、外側を厚く盛るのがポイント!

お好み焼きの上に切った青じそを並べ、さらに豚ばら肉をまんべんなくのせます。

4分焼いて裏返します。

フライ返しのカドで、お好み焼き全体をちょんちょんとつつき、穴を開けます。
(こうすることで、もう一度裏返した時に豚肉の脂をお好み焼きが吸って、よりおいしく仕上がります。)

1359

フライ返しでギューッと押すのはNG!

1360

豚肉が焼けたらさらに裏返し、マヨネーズ、ソース、粉ガツオ、青のりをのせてできあがり!

きじのお好み焼きは本当に絶品ですので、ぜひお試しください。


ここだけの話…。

お好み焼きが絶品なので、きっとほかのメニューもおいしいに違いない!と思い、すき焼き風焼うどんを注文して食べてみたことがあります。

味は…、何かの香草が入っていて(何かは特定できませんでした)、正直、好きではありませんでした。

というより嫌いな味。

食べきれなかったです。

独特の風味があるので、好きな人は好きなのかもしれません。

牛すじ焼きなど、お好み焼きはほぼ全般的にとてもおいしいので、店舗を見かけたら一度食べてみてくださいね。

家事えもん式あまったそうめんで作る簡単節約ピザレシピ

簡単・1分でできる!お弁当用玉子焼きの作り方と食中毒予防のコツ

【簡単】パリパリ皮の鶏もも肉チキンソテーレシピ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ