身も皮も超やわらか!オーブンで焼く鶏もも肉のチキンソテーレシピ

皮がパリパリじゃなくていいから、やわらかいチキンソテーが食べたい!

オーブンでじっくり焼くと、とってもやわらか&口当たりも良いチキンソテーができます!

スポンサーリンク

林修の「今でしょ!講座」でやっていた、安いステーキ肉を柔らかく調理する方法を参考に、鶏もも肉を柔らかソテーに仕上げてみました。

フライパンで焼く皮パリパリソテーとは、ちょっと違った鶏もも肉が楽しめますよ。

 
鶏もも肉は冷蔵庫から出しておきます。

火の通りを良くするために、調理を始める30分くらい前には鶏もも肉を冷蔵庫から出し、室温に戻しておきましょう。

1309

 
切り込みを入れて厚さを均等にします。

鶏もも肉を丸ごと焼く時は、厚みのある部分に切込みを入れ、厚さを均等にしておくと、焼きムラを防ぎ、焼き時間を短くすることができます。

1101

さらに繊維を断ち切るように横方向にたたきを入れておくと、身が縮みにくくなります。

1102

※切込み・たたきの工程は省略できますが、その分焼き時間を少し長めに設定してください。

 
キッチンペーパーを油で浸します。

油がしたたるくらい、ドップリと。

1300

 
油で浸したキッチンペーパーで鶏もも肉を包みます。

すき間なく全体を包みます。

2096

臭みを取り、ドリップを防いでジューシーに仕上げる効果があります。

※省略したい時は、オリーブオイルを全体に塗ることで代用できます。

2097

ソテーに使う時のオリーブオイルは、クセの強いエキストラバージンオリーブオイルより、ピュアオリーブオイルがおすすめ。

なければサラダ油でも。

スポンサーリンク

 
網の上にのせてオーブンで焼きます。

熱が伝わりにくくするために、焼き網などの上にのせて焼きます。

1302

予熱をせずに、120度のオーブンで20分、裏返してさらに15分焼きます

※予熱せずにいきなり焼き始めることで、低温調理時間を長くし、よりジューシーに柔らかくすることができます。

※切込みを入れてない場合や、冷蔵庫から出してすぐ調理する場合は、表・裏とも調理時間を5分ずつ長くして調整してみてください。

 
焼き上がった鶏肉を休ませます。

焼き上がった鶏肉のキッチンペーパーをはずし、全体に塩・コショウをふりかけます。

アルミホイルで包みなおして5分くらい休ませ、肉汁を落ち着かせます。

 
カットしてできあがり!

フライパンのソテーとは違う、柔らか・ジューシーなチキンソテーに仕上がりす。

皮もフワフワ!

1310

※カットした時に生焼けの部分があるようでしたら、牛肉のようにレアで…とはいきません。迷わずフライパンで軽く焼きましょう。

安くてかたい肉を柔らかくする方法【3】調理方法(焼き方)

【鶏むね肉のレシピ】しっとりやわらか低温調理蒸し鶏の作り方

【から揚げレシピ】外はカラッとカリカリ、中はジューシーに作るコツ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Dai より:

    やってみました。
    確かにフライパンで焼くチキンソテーと違いますね。
    オーブンの温度や時間設定は、各家庭によって変わってくる部分もあると思うので、「自分流」を見つけたいと思います。

    • haruka より:

      Daiさん
      お試しいただきありがとうございます!
      もっと良いアイデアや、改善した方が良さそうな点などありましたら教えてくださいね。

ツールバーへスキップ