ラップのつなぎ目(端っこ・切れ目)がわからない時の見つけ方

ラップのつなぎ目(端っこ・切れ目・巻き終わり部分)が巻き取られてしまい、わからなくなってしまうこと、ありますよね。

吸着力が強い商品ほど起こるこのトラブル…。

どうすれば解決できる!?

スポンサーリンク



 

セロハンテープを使います。

1213

セロハンテープを5センチくらいに切り取り、ラップの片方の端をペタペタ貼ってはがしてを繰り返し、一周します。

切れ目とテープがうまくくっつけば、テープに引っ張られて端っこがはがれます。

次に、反対側の端を、テープを貼ってはがしながらみつけます。

両端の切れ目が見つかったら、両端を持ってそーっとはがします。

 

すべり止め付きの軍手を使います。

1212

すべり止めのポツポツがついた軍手を手にはめ、ラップを箱から出して握ります。

握ったままグリグリと左右に回すと、すべり止めに切れ目がからみついてきます。

スポンサーリンク



 

濡れたタオルを使います。

1144

濡らしたタオルをラップに巻きつけ、強く握って左右にぐりぐりまわします。

摩擦によって端っこがヨレることで見つけられます。

 

歯ブラシなど、ブラシを使います。

1143

歯ブラシやボディたわしなどで、ラップをゴシゴシこすりながら回してみると、巻き終わりがブラシに絡んでくるはず。

 

キッチンスポンジを使います。

1145

乾いたキッチンスポンジでぐりぐりこすってみます。

メラミンスポンジでも試してみて。


この方法のどれかで切れ目が見つかるはず!!

その他、「冷蔵庫で冷やす」という方法も見かけますが、逆にはがしにくくなることがあるそうです。

カッターで切ったり、つめで引っかいたりすると、ラップが何層にもわたって傷つき、使えなくなってしまうのでNGです。

「コンロの火であぶる」という方法もありますが、溶けたり縮んだりしてはがせなくなることもあるし、危ないのでやめておきましょう。

巻き終わり部分が巻き取られて見えなくなってしまうことのないよう、しっかりフタを閉めてからカットするクセをつけるのが大切ですね。

そうすることでカットしやすく、次に使う時も取り出しやすくなります。

以上です。

お役にたてれば幸いです。

買ったばかりのボールペン(又は替え芯)が書けない時の対処法

肉の鮮度と味を損なわず冷凍保存し、おいしく解凍する方法

【鶏胸肉のレシピ】しっとりやわらか低温調理蒸し鶏の作り方

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す