残った素麺で作るホワイトソースレシピ:小麦粉なし!離乳食にも

お中元など夏のギフトの定番品・そうめんですが、意外と使い切れずに残ってしまうことがあります。

秋になったらそうめんなんて食べたいとも思わないし、来年まで持ち越すのもなんとなく嫌ですよね。

そんな時は、そうめんを使って秋冬向けのメニューを作りましょう。

そうめんを使うと、簡単にホワイトソースが作れちゃいます!

※普通にゆでたそうめんを食べた後の余ったそうめんでもできますので、参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク



そうめんホワイトソースは簡単・量の調節も自由・離乳食にも使える

手作りのホワイトソースってダマになりやすいし、丁寧に時間をかけて作らないとキメ細かいソースができなくて、結構大変ですよね。

缶やパウチのホワイトソースは、開けたら使い切ってしまわないといけないので、量の調節がきかないのが難点。

でも、そうめんを使ったホワイトソースなら、短時間でできるし失敗も少なく、量の調節も自由です。

出来上がったホワイトソースにそうめん感はほとんどなく、普通の小麦粉や生クリームを入れて作るものと遜色ないおいしさです。

離乳食にもおすすめです!

そうめんを使ったホワイトソースの作り方

材料

そうめん 2分の1束くらい
牛乳 約500ml
バター 1かけ(10gくらい)

※塩はそうめんに含まれているので、このレシピでは不要です。

レシピ

1.牛乳にそうめんを浸し、しばらく置きます。

2.そうめんがある程度やわらかくなったら、フードプロセッサーかハンドブレンダーにかけてペースト状にします。

3.ペーストにしたそうめんを鍋かフライパンに移し、バターを入れて、弱火でとろみが出るまでかき混ぜながら温めます。

 
以上です。

所要時間は約15分。

スポンサーリンク



ゆでたそうめんの食べ残しでもできる?

残ってしまうのは、乾麺のそうめんだけではありませんね。

そうめんを多めにゆですぎてしまったのに、夏は食欲がないことが多く、残ってしまう…なんてことがよくありませんか?
(ウチではしょっちゅうです…)

そんな時は、ゆでたそうめんでホワイトソースを作って、次の食事で使ってしまいましょう!

 
そうめんは一度ゆでてあるので、牛乳につけこむ必要がありません。

フードプロセッサーにそうめんと牛乳を入れるか、または鍋に入れてハンドブレンダーでかくはんし、ペースト状にして、バターと一緒に温めればOK。

 
ゆでたそうめんは乾麺より塩分が少なくなっていますので、味見をしながら塩加減を調整してください。

 
これで、そうめんのゆですぎも恐れる必要がなくなりました!


 
以上です。

皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す