美肌効果だけじゃない!疲労回復・ダイエットにも効くトマトの栄養成分

トマトに含まれるリコピンには、美肌効果・美白効果があることで知られています。

でも、トマトの健康効果はそれだけじゃないのです。

日々研究され、最新の研究で明らかにされているトマトの健康効果とは…?

スポンサーリンク

 
トマトにはダイエット効果があります!

最新の京都大学の研究では、トマトに含まれる13-OXO―ODA(13オキソODA、じゅうさんおきそおーでぃーえー)という成分に、ダイエット効果があるということがわかっています。

京都大学・河田教授らの実験によると、脂肪を燃やす酵素を作る遺伝子にかかわる物質13-OXO-ODAが、その(脂肪を燃やす)スイッチとなっていて、中性脂肪をためにくくする働きがあるとか。

1086

 
トマトには疲労軽減効果・二日酔い改善効果も。

さらに、トマトの水溶性成分には、疲労を軽くする効果や、アルコールの分解を助け、二日酔いを予防・改善する効果もあることがわかってきています。

スポンサーリンク

 
トマトはカルシウムの吸収を助けます!

単独で食べると非常に吸収率の悪いカルシウムですが、クエン酸と一緒に取ることで吸収率があがります。

トマトにはクエン酸が含まれているので、お料理の場面でトマトと相性の良いチーズなどは、栄養面でもとても相性の良い組み合わせと言えそう。

1087

 
トマトの効率的な食べ方を教えて!

トマトの栄養は、加熱調理によって細胞の壁が壊れた状態の方が吸収が良いとされています。

美白美肌成分・リコピンも、加熱調理後の方が吸収率が格段に上がります。

そのため、トマトは生で食べるよりトマト缶やトマトジュースだったり、オリーブオイル等で加熱して調理していただくのがおすすめ。

トマトは、美白美肌効果や健康効果の高い野菜として知られていましたが、まだまだ未知の効果がこれからも発掘されていきそうですね。

疲れやすい上に、代謝が落ちて太りやすい夏は、トマトで乗り切りましょう!

食物繊維たっぷり!便秘解消・ダイエットにも効くラッキョウの栄養価

から揚げやコロッケはフライパンを使い、少量の冷たい油で揚げる

熱中症は日常生活から予防できる!夏の体調管理方法5項目

おにぎりのお弁当に注意!食中毒予防は手洗い・ラップ・梅干しで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ