卵を割ったら殻が中に入ってしまった!なかなか取れない時の対処法は?

生卵を割って器に入れる時、あやまってカラの小さなカケラが一緒に入ってしまうことがあります…。

タマゴの白身はツルツル・ヌルヌルしているので、器の奥底にある小さなカラのかけらがなかなか取れなくて困った経験がある、という人は多いのではないでしょうか。

でも実は、タマゴの中に入ってしまったカラは、簡単な方法ですぐ取り出すことができるのです!

スポンサーリンク

卵のカラを割る時に注意したいこと

まずは生卵の正しい割方をチェックしておきましょう!

今すぐカラを取り出す方法を見る

生卵のカラを割った時に、器の中にカラが入ってしまう一番の原因は、卵の割り方にあります。

多くの人が、卵を割って入れる器の上の部分に、「コンコン!」と生卵を打ち付けてカラに割れ目を入れてから割っています。

でも、この割り方は間違い。

器に打ち付けると同時に、卵のカラが器の中に入ってしまいます。

見えるカケラならまだ、この後ご紹介する方法で簡単に取ることができますが、目に見えないカケラが入ったまま気づかず調理してしまうと、食べて歯に当たった時にちょっと気分が悪いですよね。

食事がおいしくなくなってしまうので、カラを器の端に打ち付けて割るのはやめましょう。

生卵のカラは平らな調理台の上に軽く打ち付けて割る

正しい生卵の割り方は、まな板などの清潔な調理台の平らな部分にコンコンと軽く打ち付けてヒビを入れ、その後器の中に割り入れるのが正解です。

この時、力を入れ過ぎるとカラが粉々に割れてしまうので、力を加減しながらやさしく割るようにしてください。

スポンサーリンク

超簡単!水を使って卵のカラを取り出す方法

正しい割方で生卵を割っても、卵のカラが生卵と一緒に器の中に入ってしまうのを完全に防ぎきることはできません。

割れ方やヒビの入り方によっては、カケラが入ってしまうこともあるでしょう。

一度カラが入ると、ヌルヌルした生卵の中でカラが泳いでしまい、指で追いかけても追いかけても取れなくて、イライラしてしまいます…。


そんな時は、手の指と少量の水を使って簡単に卵のカラを取ることができます。

手の指先に水をつけ、水が付いた指を、カラにギュッと押し付けると、それまで泳いで逃げていたはずのカラのカケラが指に吸い付くようにくっついてきて、サッと取れてしまいます。

以上です。

こんなに簡単な方法があったとは(笑)。

なぜ指を水にぬらすと卵のカラがくっついてくるの?

このメカニズムについては、科学的根拠があります。

東京理科大学・川村康文教授によると、その秘密は「表面張力」にあるそうです。

指についた水と卵のカラの間に表面張力が作用して、卵のカラが指にくっつきやすくなるのです。

指がかわいていると、指の表面は指紋などがあってボコボコしているため、卵白の表面張力に負けてしまい、指がはじかれてしまいます。

でも、指に水をつけることによって、水の表面張力の方が卵白の表面張力より高い原理から、簡単に指に卵のカケラがくっついてくる、ということです。

料理の力は、科学のチカラです。

ぜひこのメカニズムを覚えておいて、朝のお弁当作りでイライラしなくて済むよう役立ててくださいね!



ご紹介した方法は、2017年8月30日放送「ソレダメ!」を参考にしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ