砂糖がカチコチに固まってほぐれない!今すぐサラサラにする方法は?

お砂糖って、調味料用の容器に入れて常温保存しておくと、時間がたつにつれてカチカチに固まってしまうことがありますよね。

1個1個のカタマリが大きいと、そのまま料理には使えないし、スプーンで削っても簡単には崩れないし…。

そんなカチカチに固まった砂糖を、今すぐほぐす簡単な裏技をご紹介します。

スポンサーリンク



最短・おすすめ!今すぐ砂糖をサラサラにできる方法:電子レンジでチン

固まった砂糖をサラサラにする方法で、今すぐできる最短の方法は、電子レンジを使うことです。

固まったお砂糖を耐熱容器又は陶器やガラス製のお皿に移し、レンジで30秒ほど加熱するだけ。

フタやラップはしません。

 
電子レンジには水分を蒸発させる効果があるので、これだけで砂糖に絡まっていた湿気が飛び、サラサラになります。

過熱しすぎると溶けてしまったり、カラメル状になってお皿にこびりついてしまったりするので、一度でほぐれなくても長時間レンジにかけたりせず、数十秒ずつ過熱して様子を見てくださいね。

水をたらす・霧吹きをかける

電子レンジで乾燥させるのとは真逆の方法で、水を使う方法があります。

砂糖の容器に水を1滴たらす方法、または、霧吹きで1ふき水を吹きかける方法。

2~3時間おいておくと、サラサラに戻ります。

湿気で固まっている砂糖に水を使うとは、おどろきの方法ですが、過去に情報番組などでも紹介されていたことがある方法です。

水の量は、必ず1滴または1ふきを守ってくださいね。

でないと逆効果になってしまいますよ~。

スポンサーリンク



食パンを入れておく

砂糖の容器の中に、食パンを一切れ入れて数時間(5~6時間)おきます。

食パンは水分を吸収する性質があるので、砂糖と一緒に入れておくことで湿気を吸収し、砂糖をサラサラに戻してくれるのです。

砂糖は細菌が繁殖したりすることはまずないので、そのまま入れても大丈夫ですが、食パンを砂糖に直接入れるのは気になる…という方は、砂糖の上に小さく切ったラップをしいて、その上に食パンのかけらを置いてみて下さい。

冷凍する

物質は、冷やされると水分が奪われます。

肉やパンを保存袋やラップで保護せずに冷凍庫にに入れてしまうと、冷凍やけを起こし、水分が奪われてパサパサになってしまうことがありますね。

その冷凍庫の性質を利用する方法です。

 

砂糖を調味料入れの容器のまま冷凍庫に入れ、2時間ほど置きます。

冷凍庫から取り出し、30分くらい室温に置きます。

これで元のサラサラ砂糖に戻ります。


 
どれも簡単で、家にあるものですぐ試せる方法ばかりですね。

でもやっぱり、電子レンジがあるなら、レンジでチンがおすすめです。

くれぐれも、温め過ぎにはご注意を!

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す