超簡単レシピ!炊飯器を使った時短ローストビーフの作り方

冷めてもおいしいローストビーフ。

すでに調理済みのものをお店で買ってもおいしいですが、味付けや焼きかげんなど、家庭でつくるローストビーフとは何かが違うような…。

おうちで手軽に作りたいけれど、オーブンを使って焼き上げるローストビーフは、中まで火が通っているか確認するのも難しいし、火加減や加熱時間がわかりにくくて、ちょっとハードルが高いですよね。

そこで今回は、家庭で簡単にできる、炊飯器を使ったローストビーフのレシピをご紹介します!

スポンサーリンク

簡単・時短!炊飯器で作るローストビーフ

【材料】
牛もも肉(かたまり)
塩・コショウ
ローストビーフソースまたはお好みのステーキソース

【用意するもの】
炊飯器
ファスナー付き耐熱袋(ジップロックなど)

【作り方】
牛もも肉全体に塩・コショウをまぶし、下味をつけます。

フライパンを火にかけ、牛もも肉を焼きつけます。

※フライパンで焼くのは肉に焼き色を付けるのが目的なので、中まで火が通ってなくても表面が焼けていれば大丈夫。強めの火でササッと焼きます。


表面にこんがりとした焼き色がついたらフライパンから取り出し、耐熱袋に入れてしっかり空気を抜き、ファスナーを留めて空気や水が入り込まないようにしておきます。

これを炊飯器に入れます。

お肉が浸る高さまで、炊飯器にお湯を入れます。

※お湯の温度は、耐熱袋に指定されている温度に合わせて調節してください。


炊飯器のフタを閉め、炊飯器を「保温」にして、30分放置します。

これでできあがり。

あとは薄くスライスし、お好みのソースをかけてお召し上がりください。

炊飯器でローストビーフがおいしくできる理由

炊飯器の保温機能を使って作ると簡単に失敗なくローストビーフができるのはなぜでしょうか。

不思議ですよね。

でも、これは科学的に理にかなった調理法なのです。

炊飯器の保温機能は、機種にもよりますが、だいたい60度前後に保たれるよう設計されています。

一方、お肉は加熱温度68度くらいから水分が抜けはじめます。

これより高温で加熱し続けると、肉汁が徐々に抜けて収縮が進み、パサついて固くなってしまうのです。

これを分水作用(ぶんすいさよう)と言います。

分水作用が始まる68度よりも低めの温度を自動的に保つ「炊飯器の保温機能」を使うことで、中までしっかり火を通しながら水分を閉じ込める調理が可能になるのです。


この方法なら、失敗もなく簡単においしいローストビーフを家庭で作ることができます。

ぜひトライしてみてください!

当記事は、2019年1月5日放送 フジテレビ「美食革命アインシュタインの食卓〜見れば納得!絶対に“ウマい!”ご飯の作り方〜」を参考にしています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ