電子レンジを掃除せず使い続けると発火する!?簡単お掃除でキレイに

電子レンジの中って、意外と掃除してない人が多いみたいです。

食品が直接壁やターンテーブルに触れるわけじゃないし、電子レンジを稼働させるたびに除菌もされているし、なんとなく放っておいてもいいかな?って思いますよね。

でも、電子レンジは掃除せず使い続けると、発火することがあるのでご注意を…!

スポンサーリンク



食べ物のカスが付いたままにしておくと危険!

電子レンジで食品を温めると急激に高温になるため、食品のカスが飛び散ったりして、電子レンジの壁や天井・ターンテーブルについてしまうことがあります。

sh0057

内部にこびりついた食品のカスをそのままにしておくと、電子レンジを使うたび、そのカスが炭化していき、その炭にレンジのマイクロ波が集中しやすくなります。

レンジのマイクロ波によって高温になった炭が、ある時突然発火…!という事故は少なくないのです。

そのような危険と隣り合わせの生活をするより、パパッと電子レンジの内部を掃除してしまいましょう!

sh0059

 

電子レンジの汚れには蒸しタオル

汚れても良いタオルを1本用意し、水で濡らします。

ぬらしたタオルを電子レンジにそのまま入れて、1~2分温めます。

sh0058

タオルについていた水分が蒸気となってレンジ内部を蒸らし、汚れが落ちやすくなっています。

温めたタオルを使って、蒸らされたレンジ内のヨゴレをふき取ります。

 
※とても熱くなっていることがあるので、タオルをさわる際はゴム手袋を着用するなどして手肌を守りましょう。

 
レンジでタオルを温めた後すぐ掃除に取り掛かっても良いですが、2~3分おいて内部を蒸らしてからふくと、より効果的です。

電子レンジを使ってからそのまま放置しておくと、多くの機種では2~3分後に『もうできてるよ』とリマインドの警報を鳴らしてくれますね。

そのタイミングくらいまで蒸らしておけば良いので、タイマーいらずで便利です。

 

スポンサーリンク




 

ひどい汚れには専用のふき取りシートを使う

蒸しタオルのスチーム掃除だけでは落ちないガンコなこびりつき汚れには、電子レンジ専用のふき取りシート『チン! してふくだけ(小林製薬)』がおすすめです。

『チン! してふくだけ』には、電解水とエタノールをたっぷりしみこませた不織布が入っており、水とタオルだけでふくよりも、より汚れが落ちやすい組み合わせになっています。

 
食品を温めるための電子レンジですから、洗剤を使うのはちょっとためらいますよね。

『チン! してふくだけ』に使われているのは電解水とエタノールだけなので、消毒にもなる上、洗剤ではないので安心して使えます。

 

重曹とお酢で電子レンジ汚れをお掃除!

お掃除の定番アイテム、重曹とお酢を使っても、電子レンジをキレイにすることができます。

 
電子レンジのお掃除は一見面倒なようですが、実際にやってみると本当に簡単なので、月1~2回程度を目安に、または汚れが目立つようになってきたと思ったらマメにお掃除するようにしましょう。

 
『電子レンジのお掃除』は『防火対策』!!

 

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す