食物繊維たっぷり!便秘解消・ダイエットにも効くラッキョウの栄養価

普段、カレーの付け合せでしか見かけることのないラッキョウ。

でも実は、食物繊維の含有量があらゆる野菜の中でダントツに多く、ビタミンB群などの栄養価も高くて、美容・健康に良い野菜なのですよ~!

スポンサーリンク



 

ラッキョウっていつが旬なの?

ラッキョウの旬は5月~7月頃、沖縄の島ラッキョウは1月~4月頃です。

普段は甘酢漬けをいただくことの多いラッキョウですが、旬の時期には生のものを買って調理してみるのもおすすめです。

1084

 

ラッキョウにはどんな栄養があるの?

豊富な食物繊維

ラッキョウの栄養で特筆すべきなのは、水溶性食物繊維の含有量がダントツなこと。

ラッキョウの食物繊維含有量は、食物繊維が多いことでよく知られるゴボウの4倍もあるのです。

水溶性食物繊維だけで比較すると、なんと10倍も!

水溶性食物繊維には、
血糖値の上昇をおさえる
コレステロール値を整える
便秘を予防・改善する

などの健康効果があります。

特に便秘が深刻な状態の時は、不溶性食物繊維より水溶性食物繊維が有効ですので、ラッキョウをたくさん食べると翌朝スッキリできるかもしれません!

免疫力を高め、疲労回復・滋養強壮効果も

ラッキョウのにおいもとである硫化アリルの一種、「アリシン」には、ビタミンB1の吸収を助ける作用があり、疲労回復滋養強壮などの効果があります。

また、免疫力を高め血行促進による冷え性改善や、動脈硬化・血栓の予防効果も期待できます。

その他の栄養

ラッキョウには、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB1、B2などをはじめとするビタミンB群、ビタミンC・Eも含まれています。

 

美肌効果もあるということね!

スポンサーリンク



 

でも、酢漬け以外の食べ方を知らないよ

酢漬けはおいしいですが、せっかくの水溶性食物繊維が酢に溶けだしてしまうため、ちょっともったいない食べ方でもあります。

ご家庭で漬けている場合は、残った甘酢汁は甘酢あんかけや酢の物などに使うと良いですね。

はちみつ・水・氷を加えてラッキョウ酢ドリンクにして飲むと、夏の疲労回復にも。

旬の時期のラッキョウは生でそのまま食べたり、焼いて食べる「焼きラッキョウ」がおすすめです。

焼きラッキョウの作り方は簡単。
塩をふって2~3分、焼き色がつくまで焼いて出来上がり。

1085

シンプルな料理ながら、甘みが増してとてもおいしいですよ。

ネギのかわりに薬味として使うのもおすすめです。

 

らっきょうには花粉症対策効果も!

ラッキョウに含まれるフラボノイドには、花粉症の症状を緩和する効果が期待されています。

花粉症緩和効果についてはまだ研究段階ですが、ラッキョウをよく食べる鹿児島県民には花粉症患者が少ないというデータも。

ラッキョウを土寄せ栽培し、若採りしたエシャロット(エシャレット)もおすすめですよ!

便秘がすぐに改善する!小林弘幸先生の【金スマ便秘解消術5つ】

じゃがいもの保存:芽を出にくくする方法と冷凍保存方法

肉の鮮度と味を損なわず冷凍保存し、おいしく解凍する方法

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す