桃をおいしく食べる保存方法と食べ方・簡単にむける桃の皮のむき方

桃がおいしい季節になりました!

桃は、冷蔵庫でよく冷やして食べるとおいしいですよね。

でも実は、桃の冷蔵庫保存は、桃のおいしさを十分に味わえていなかったのです…!


スポンサーリンク

参考:2017年9月27日放送 テレビ東京「ソレダメ!」

モモは室温で保存する

フルーツアドバイザー・平野泰三氏によると…、

桃は冷やし過ぎてしまうと、食べる時に私たちの味覚と臭覚が鈍り、甘みや香りを感じにくくなってしまいます。

桃の冷蔵庫での保存は、冷やし過ぎにあたります。


とはいえ、桃はやっぱり食べる時に冷えていた方がおいしいですよね。

室温のぬるい桃の方が、なんとなくテンションが下がってしまうような気がしますが…。

食べる直前に冷やす!

桃はやっぱりある程度冷えていた方がおいしい!ということで、平野泰三氏のおすすめは、「食べる直前に氷水に15分間入れて冷やす」ということです。

こうすることで、外側はキンキンに冷え、中の方は常温、という状態で食べることができます。

外がわはひんやりした清涼感のある食感があり、それでいて中央部分は冷えすぎてないので、桃本来の甘みや香りを楽しむことができます。

氷水を用意するのが面倒なら、食べる少し前に冷蔵庫に入れて30分ほど冷やす方法でも、氷水と似た効果が得られます。

スポンサーリンク

モモの皮はナイフでむかず水でむく

桃を食べようと思って包丁やナイフで皮をむくと、身の部分までむきすぎてしまい、もったいないな、と思ったことはありませんか?

また、やわらかい桃だと持っている指の圧でつぶれて茶色く変色してしまったりして、うまく行かないこともありますよね。


桃の皮は、トマトと同じように、湯むきするのがおすすめです。


トマトの湯むきは、沸騰したお湯に数秒つけてから氷水に取ると、スルリと皮がむける、というものですが、この方法は桃にも応用できます。

トマトの場合は、お湯に入れる前にナイフで薄く切り込みを入れたりしますが、桃は切り込みを入れずそのままお湯につけます。

氷水につけた後は、指で軽く皮をはがすようにすべらせると、桃の実を損なうことなくスルリときれいに皮をむくことができます。


桃のおいしさを最大限に引き出して食べる方法になりますので、ぜひお試しを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ