普段の使い方をちょっと変えてフライパンを長持ちさせる方法

テフロン加工のフライパン、シルバーストーン加工にセラミック加工、ダイヤモンドコーティングのフライパン…、高性能のフライパンが次々出ています。

どれも表面を調理しやすく焦げ付きにくいようコーティングしてあるのですが、普段の使い方が間違っていると、せっかくのフライパンがすぐダメになってしまうことに…!

スポンサーリンク

 
普段家で使うフライパンは、どんなことに気を付ければいいの?

まず、家庭用のフライパンは、プロが使っているものとは別ものであることを認識しましょう。

1064

一般家庭での調理レベルにおいて、焦げ付きにくく扱いやすいよう作られているのが、普段私たちが使っているフライパンです。

1066

強火で調理する想定で作られているプロ仕様のものとはそもそも構造が違います

ジャンジャンあおって使っていませんか…?

スポンサーリンク

家庭用のフライパンを使う時に気を付けること

 
空焚きはしないで!

空焚きは、フライパンの表面温度を想定以上に上げてしまうため、コーティングがはがれやすくなってしまいます。

調理する直前に火にかけ、強火は避けて中火化弱火で調理するようにしましょう。

 
強火での調理はNG!

鉄製など一部の製品を除く家庭用フライパンのほとんどは、弱火から中火で使うことを想定して作られています。

最近のフライパンは熱伝導率が良く、中火でも充分熱が伝わるよう作られているので、そもそも強火にする必要はほとんどありません。

中火で充分おいしく調理できるので、「コーティング加工されたフライパンでは強火は使わない」と覚えておきましょう。

 
金属製の調理器具を使わないで

金属のヘラなどを使うと、コーティングがはがれてしまうことがあります。

トングなどその他の調理具も、金属のものはフライパンに使わないようにしましょう。

 
まだ熱いフライパンを水につけないで

調理を終えてすぐに水につけると後片付けが楽なので、まだアツアツのフライパンを水にジュワ~~っとつける…。

よく見かける行為ですが、これはフライパンを劣化させます。

熱する時同様、冷ますときもゆっくりと、が基本。

 
色々と難しいね

「低温調理」による、素材のおいしさを引き立てる調理方法が見直されています。

家庭では、火をつける前に油を入れ、具を入れてから調理を始める方法でも、充分おいしい料理ができますよ。

このやり方なら難しいことは何もありません。

レシピに「強火で」とある場合は、中火で少し時間をかけて温めたフライパンに食材を入れてから強火で調理します。

くれぐれも、強火で空焚きにならないよう充分注意してください。

ちょっとしたことに気を付けるだけで、フライパンは意外と長く使えます。

エコにもつながるので、明日から使い方を変えてみてくださいね。

鍋やフライパンの底など、外側についた焦げつきの落とし方

焦げたステンレス鍋・ホーロー鍋の汚れを重曹・酢で落とす洗い方

柔軟剤を使わずタオルの吸水性を良くしてふわふわに仕上げる方法

漂白剤で落ちない白シャツのエリ・そでの「黄ばみ汚れ」の落とし方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ