夏はおにぎりに注意!菌の増殖をおさえ食中毒を予防するお弁当のコツ

日本人のお弁当と言えばおにぎりですね。

でも、温かい季節のおにぎりにはご用心!

おにぎりが原因の食中毒は、意外と多いのです…!

スポンサーリンク

あたたかくなると、お弁当による食中毒も増えてきます。

どんどん暑くなるこれからの季節、お弁当を作る時には、細心の注意が必要。

お弁当の中でも特に気を付けたいのがおにぎり。

1007

黄色ブドウ球菌が原因となって起こる食中毒の、およそ4割がおにぎりから発生しているとも言われています。

 

お弁当を作る前の手洗いはしっかりと!

黄色ブドウ球菌は、人の皮膚にも普通にいる細菌。

食事、特にお弁当を作る前の手洗いはシッカリていねいに行い、手をふくタオルもまめに交換しましょう。

 

海苔を巻くのは冷めてからにしましょう!

あたたかいうちに海苔を巻いてしまうと、より菌が繁殖しやすくなります。

海苔はできるだけ食べる直前に巻くか冷めてから巻く、または「海苔なし」のおにぎりにするのがおすすめ。

 

ラップや梅干しを活用しましょう!

おにぎりで食中毒が発生しやすい理由は、何と言ってもその作り方にあります。

手で直接にぎって作るのがおにぎり。

母の愛を感じます…!

…なんて言ってられない、恐ろしい食中毒予防のために、お弁当用のおにぎりはラップを使ってにぎるようにしましょう。

また、梅干しには細菌の増殖を抑える効果があることで良く知られています。

1009

暑い季節のおにぎりの具は、梅干しが一番ですね!

ただし、梅干しの除菌効果は梅干しに隣接している部分のみに有効。

うめぼしのおにぎりを作る時は、真ん中に具を入れるのではなく、梅の実をくずしてごはん全体にまぶすようにしてから握るのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

その他、お弁当の食中毒予防のコツ

 

できるだけ冷ましてから詰めましょう

 
ごはんやおかずを、できたてのアツアツのままお弁当箱に詰めてしまうと、いたむ原因になります。

ごはんとおかずを同じお弁当箱に詰める場合は、ごはんを早めに詰めてしばらく置き、ある程度冷めてからおかずを詰めます。

おかずも同様、調理したての熱いものは一度お皿にとって冷ましてから詰めるようにしましょう。

 

作り置きを入れる時は、再度温めましょう

手間を省くために、夕食の残り物や、作りおきのものを入れることもあるかと思います。

その際は、電子レンジ等で再度温めましょう。

中途半端に温めるのではなく、できたての時と同じくらいまで温めるのがコツ。

温めることで除菌につながります。

 
やはりこれも冷ましてから詰めましょう。

 

 

抗菌シートもおすすめ

市販の抗菌シートには、菌の繁殖を抑える効果があります。

1209

お弁当に1枚入れておくだけで、お弁当全体の菌の繁殖を予防する効果がありますので、温かい季節だけでも抗菌シートのご利用をおすすめします。

食中毒の多くはちょっとしたことで予防できるので、お弁当が楽しい思い出になるよう工夫しましょう。

 

まとめで~す。

● お弁当を作る前の手洗いはしっかりと
● おにぎりは素手でなくラップでにぎる
● 海苔は食べる直前か、冷めてからまく
● 具は梅干しをまぶして
● ごはん、おかずは冷ましてから詰める
● 作り置きおかずは、朝温めなおす
● 抗菌シートを使う

食中毒予防効果のある食材:ヨーグルトがサルモネラ菌などを除菌!

紅茶や麦茶のティーバッグは、洗いものやシンクの掃除に再利用

頭に巻いたりお弁当を包んだり…タオルより便利な手ぬぐいの使い方

熱中症は日常生活から予防できる!夏の体調管理方法5項目

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す