熱中症は日常生活から予防できる!夏の体調管理方法5項目

熱中症にならないためには、普段の日常生活から体調を整えておくことが大切です。

夏になったら気を付けておきたい体調管理方法とは…?

1018

 

水分は一気飲みせずこまめにとりましょう

夏は冷たいドリンクを一気飲みしてしまいがちですが、正しい水分の摂り方は一年を通して
こまめに」が基本です。

常に体から水分が奪われる夏は特に「のどが渇いた」と感じる前に飲むよう心がけましょう。

どんなにガブ飲みしても、一度の給水で体に取り入れられる水分はヤクルト1本程度とも言われています。

残りの水分は排泄されてしまうわけですね。

同じ量の水を飲んでも、「こまめに」と「一気飲み」では体に行き渡る効率が全然違うのです。

 

汗をたくさんかく時は塩分も補給しましょう

ダラダラと汗をかくほど暑いと感じたり運動したりする時は、塩分の入ったスポーツドリンクなどで、体内のミネラルバランスを整えましょう。

ただし、塩分補給に気を付ける必要があるのは、あくまでもたくさん汗をかいた時だけ。

普段の飲み物には、ミネラル分の多い麦茶などがおすすめです。

スポンサーリンク



 

快適な睡眠環境づくりを!

温暖化が進んでいる現代は、夜寝る時もクーラーがないと寝苦しい地域が増えてきていますね。

昔の感覚のままで「寝る時のクーラーは体に悪い」と、暑いのを我慢して眠ると睡眠環境を悪化させ、体力を奪われてしまうことに…!

体力がなければ熱中症にもかかりやすくなるので、快適な寝具や温度など睡眠環境を整え、質の良い睡眠を心がけましょう。

寝苦しい時は、おでこを冷やすと良く眠れるようになります。

保冷剤を、冷たすぎない程度にくるんで頭にのせてみてください。

 

食事や飲み物でたんぱく質補給を

暑くて食欲がないからと言って、アッサリしたものやサッパリした食事で済ませていませんか?

肉やたまご、魚などでたんぱく質をしっかり補給しましょう。

特に、運動した直後にとるたんぱく質は、筋肉のダメージを補修します。

筋肉だけでなく、細胞全体を修復してくれる作用があるので、美肌作りや健康長寿にもつながりますよ。

運動後なるべく30分以内に、牛乳やドリンクヨーグルトなどを飲むのがおすすめです。

 

運動やお仕事は、無理せず休憩を!

部活でもお仕事でも、体力づくりの運動でも、夏は水分補給と共にこまめに休憩をとり入れることを心がけましょう。

特に睡眠不足や食欲不振などを自覚している時は、思い切って休養することも大切。

体力づくりの運動で体を壊してしまっては、意味がありません。

重症化すると後遺症が残ったり、命にかかわることもある熱中症。

普段から万全な対策で予防しましょう。

食事でも熱中症予防を!
食べ物でも熱中症を予防!食事で水分補給できる食材とメニュー

おにぎりのお弁当に注意!食中毒予防は手洗い・ラップ・梅干しで

食中毒予防効果のある食材:ヨーグルトがサルモネラ菌などを除菌!

紅茶や麦茶のティーバッグは、洗いものやシンクの掃除に再利用

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す