焦げたステンレス鍋・ホーロー鍋の汚れを重曹・酢・玉ねぎで落とす

ステンレス鍋・ホーロー鍋の焦げは、重曹や酢を使って洗い落とすことができます。

土鍋やフライパンの焦げにも応用できますので、ガンコな焦げ付き汚れがあったら一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク


重曹を使って鍋の焦げを落とす

1055

落とし方

鍋に焦げた部分ががかぶるくらいの水を入れます。

水1カップにつき大さじ2杯くらいの重曹を入れて火にかけ、沸騰してから10分くらい煮立てます。

1056

10分経ったらそのまま放置し、数時間後に洗ってみてください。

翌日くらいまで放置しておくと、より効果的です。

スポンジなどでこすっても落ちないようなら、割りばしなど、金属より柔らかくスポンジより固い素材のものでこそげ落としてみてください。

スプーンなどの金属でこすり落とすと、キズがついてしまうので気を付けましょう。

ポイント1・重曹の量は意外と多め

重曹の分量は、水1カップ(200mlくらい)に対して大さじ2杯程度です。

「重曹で洗っても焦げが落ちない!」という人の中には、重曹の分量が少なかったというケースも…。

「意外と多い!」と思うくらいの量が必要です。

ポイント2

最初に鍋に入れる水は、必ずお湯ではなく「水」で。

お湯から重曹を入れてしまうと、効果が弱まってしまいます。

ポイント3

1回で落ちなくても、2回、3回と繰り返すうちに落ちやすくなっていきます。

スポンサーリンク


重曹で落ちない時は酢で落とす

重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れを落とすのによく効きます。

そのため、ごはんやお肉などを焦がしたときは、重曹で洗うのが向いているのです。

一方、アルカリ性の汚れには、酸性の酢の方が効果が高いことがあります。

野菜などの焦げ付きがこれにあたります。

1057

酢の分量は、鍋に入れる水1リットル程度に対して、60ml~80ml程度。

あとは重曹の時と同様に、しばらく煮立てた後数時間放置し、洗います。

玉ねぎの皮も効果あり

重曹や酢の代わりに、玉ねぎの茶色い皮をしばらく煮込んでも、鍋やフライパンの焦げを落とす効果があります。

重曹や酢と同様、玉ねぎの皮を入れた水をしばらく煮込みます。

皮は少なくとも2~3個分、できれば5~6個分くらいあった方が良いです。



※金属たわしやクレンザーを使うと鍋肌を傷つけ、鍋の寿命を縮めてしまうことがあります。

自然素材の重曹・酢・割りばしを使った焦げ落とし方法、ぜひ試してみてください。

鍋の外側の汚れ落としはこちら↓
鍋やフライパンの底など、外側についた焦げつきの落とし方

咳が治らない…2週間以上続くのは風邪でなく肺炎?原因と対策は…

柔軟剤を使わずタオルの吸水性を良くしてふわふわに仕上げる方法

漂白剤で落ちない白シャツのエリ・そでの「黄ばみ汚れ」の落とし方

家庭で簡単にできる!お皿を使ったステンレス包丁の研ぎ方

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す