から揚げやコロッケはフライパンを使い、少量の冷たい油で揚げる

から揚げをはじめとする揚げ物って、美味しいし子供も喜ぶ定番料理ですが、油もたくさん使うしあと始末が面倒ですよね。

でも、フライパンと少しの油があれば簡単にできて、後始末も楽ですよ。

スポンサーリンク



☆この作り方は、フライパンに一度に並べられるくらいの量を作る時に適しています。

たくさん揚げるのにはむいていないのでご注意ください。

1068

 

まず、フライパンに油を入れます。

火のついてないフライパンに、油を深さ1センチほど注ぎ入れます。

 

1センチでいいの!?

家庭で少量作るには、1センチの深さの油があれば十分ですよ~。

 

から揚げの肉を並べます。

まだ火をつけてないフライパンの油の上に、下味をつけて粉をふった鶏肉を並べます。

(コロッケなども同様です。)

並べ終わったら火をつけます。

 

後から火をつけるの!?

先に並べておき、後から火をつけることで、あわてず落ち着いて調理できます。

また、温度が上がるまでの間低温調理ができるので、じっくり中まで火が通ってふっくらしたから揚げに仕上がりますよ。

下半分がきつね色になったら上下を返し、両面にきれいな揚げ色がついたらでき上がり。

スポンサーリンク



 

たくさん揚げたい時はどうしたらいい?

たくさん揚げたい時は、深めの鍋に、揚げ物が浮くくらいの深さの油を入れ、先に油を適温(170度くらい)に温めてから揚げ始めます。

揚げ物がたくさんあり、次々に揚げていくときは、先に揚げた揚げ物のカスがどうしても油の中に残ってしまいます。

1069

この時、鍋と油の量に充分な深さがあれば、カスは下に落ちて行き、後から入れる揚げ物に絡みにくくなります。

浅くて油が少ないと、カスの逃げ場がなくなり、新しい揚げ物に再付着してしまうのです。

 

揚げ物の量によって鍋の深さや油の量も変えるのが良いんだね!

フライパンは洗わないのが良いって義母に言われたけど、本当?

普段の使い方をちょっと変えてフライパンを長持ちさせる方法

鍋やフライパンの底など、外側についた焦げつきの落とし方

焦げたステンレス鍋・ホーロー鍋の汚れを重曹・酢で落とす洗い方

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

2件のコメント

  • ファイバー

    早速やってみましたよ。
    揚げ物が楽で簡単になった気がします。

    • ファイバーさん、
      プロみたいなやり方も良いですが、脂の量や火加減など、再現できることが全然違います。
      家庭には家庭向けの方法を知っておけば、揚げ物は恐くないですね。

コメントを残す