窓と浴槽のゴムパッキンに黒カビが…!掃除は重曹?カビキラー?

窓の枠・浴槽など、結露がたまりやすいところにはどうしてもできやすい黒カビ。

普段から結露対策をバッチリしていれば…というのはわかっているけど、忙しくてなかなかできませんね。

気が付いたらゴムパッキンが真っ黒!なんてことも…。

スポンサーリンク

カビのお掃除をするときは、カビの胞子が部屋に舞い散ることがありますので、充分に換気しながら行いましょう!

1207

ステップ1
 

軽度の黒カビならふき取りで取れることもあります。

まずは、古布を水で湿らせ、ふき取ってみましょう。

浴槽のパッキンなら古い歯ブラシを使って。

まだ根が張ってない軽度の黒カビの場合、これだけでかなりきれいにすることができます。

ステップ2
 

クエン酸と重曹で掃除してみましょう。

用意するもの

● クエン酸パウダー
● 重曹パウダー
● 水の入ったスプレーボトル
● タオルまたは古布

①クエン酸パウダーと重曹パウダーを同量ずつ混ぜます。

②カビのはえたパッキンの上にまぜたパウダーをのせます。

③水をスプレーでシュワシュワと泡が立つくらい吹きかけ、30分くらいおきます。

④かたくしぼった布でふき取ります。

※クエン酸のかわりに酢を使う、という方法も時々見かけますが、酢は穀物から作られており、カビのエサになるのでお勧めできません。

パウダーをのせられない縦の部分を掃除したい時は、スプレーボトルを二つ用意します。

ひとつにはクエン酸パウダーを溶かしたもの、もう一つには重曹パウダーを溶かしたものを入れ、交互に吹きかけます。

しばらく置いて、ふき取ります。

スポンサーリンク
ステップ3
 

カビキラーを使います。

塩素系のカビ取り剤をあまり使いたくない気持ちはわかりますが、カビを放置しておくことの健康被害の方がよほど恐い場合があります。

重曹やクエン酸を使っても取れなかったカビは、カビキラーなどを使って退治しましょう。

塩素系漂白剤などであればカビキラーと同じ効果が期待できますが、流れ落ちてしまったら効果も半減です。

おすすめは、ジョンソンの「ゴムパッキン用カビキラー」。

1082

その名の通り、ゴムパッキンに特化したカビ取り剤です。

液だれせず、ピンポイントで取りたいカビのところめがけて薬剤を塗ることができること、カビ取りや塩素系漂白剤特有の臭いが少ないところがおすすめポイント。

液体の塩素系漂白剤は、とろりとしたものでも流れてしまうので、窓の内側など液だれさせたくない部分には、とてもありがたい製品です。

30分くらい経ったらよく水拭きします。

流せる場所であれば、水を流して洗剤を洗い流しましょう。

しつこいカビも、2度、3度と繰り返してカビ取り剤で掃除していくことで、薄くなっていきます。

ファイナルステップ
 

最後の手段、業務用を試してみて!

カビキラーを使っても取れないカビ汚れには、業務用カビ取り剤を使ってみてください。1083

家庭用カビ取り剤でも歯が立たなかったカビにもよく効きます。

お値段は1600円前後と、家庭用と比べると高いようですが、500gとたっぷり使えます。

ジェルカビキラーが100gで300円くらいなので、実質それほど高くないですね。

くれぐれも、カビのお掃除をするときと塩素系漂白剤を使う時は、充分な換気を!

窓ガラスをワイパー&水スプレー、新聞紙で簡単にお掃除する方法

肉の鮮度と味を損なわず冷凍保存し、おいしく解凍する方法

揚げ物に使って酸化した油は再利用していいの?エコな捨て方は?

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す