切れないハサミの切れ味を戻す方法|なぜアルミホイルで復活する?

いろいろなものを切っているうちに、ハサミの切れ味が悪くなってしまうことがあります。

一般的な家庭用のハサミは決して高いものではないし、買い替えても良いのですが、今すぐ切れるようにしたい時もありますよね。

家にあるものですぐできる、ハサミの切れ味を復活させる方法のご紹介と、「アルミホイルでハサミの切れ味が復活する」理由についてまとめました。

スポンサーリンク



ハサミが切れなくなる原因

ハサミが切れなくなる原因は、主に下記の3つが考えられます。

1.刃こぼれ

長く使っているうちに、ハサミの刃に小さなキズができたり、変形してしまうことで、切れ味が悪くなります。

刃こぼれ・キズがあるハサミの切れ味を復活させる方法はこちら

2.汚れ

セロテープやガムテープなどの粘着テープを切ったり、何かしらのコーティングを施してあるものを切ると、油分などの成分が付着して、ハサミの刃が汚れてしまうことがあります。

刃こぼれ・キズがあるハサミの切れ味を復活させる方法はこちら

3.サビ

古いハサミや、水気の多いところでよく使われるハサミは、サビてしまうことがあります。

刃にサビがつくと切れ味が悪くなります。

あまりにサビが進んでしまったハサミはどうにもなりませんが、部分的に少しサビている程度なら、家庭で落とすことができます。

サビたハサミの切れ味を復活させる方法はこちら

刃こぼれやキズで切れなくなったハサミの切れ味を戻す方法

アルミホイル・アルミ缶を切る

刃こぼれして切れなくなったハサミは、アルミホイル(アルミ箔)やアルミ缶を切ることで切れ味を復活させることができます。

アルミホイルを使う時は、アルミホイルをハサミでチョキチョキと数回切るだけでOK。

1枚のペラっとしたアルミホイルを切っても切れ味復活の効果がありますが、一度丸めてクシャっとさせるか、4つ折り~5つ折りにし、厚みを持たせてから切った方が効果が高いです。

アルミホイルを切るとハサミの切れ味が復活する理由はこちら

 
アルミ缶を使う時は必ず、缶のどこかに書いてある「アルミ」マークを確認してから切るようにしてくださいね。

もし、アルミより硬いスチール缶を無理に切ってしまったら、ハサミの刃がこぼれて余計に切れなくなってしまう恐れがあるので、缶の素材は必ずチェックしてください。

どこでも良いので、アルミ缶のどこかにハサミのとがった部分で穴をあけ、そこをとっかかりにしてアルミ缶をチョキチョキ切っていきます。

なるべくたくさん切った方が、切れ味が復活しやすいです。

ハサミ専用の研ぎ器でとぐ

ハサミをよく使う人は、ハサミ専用の研ぎ器を1個常備しておくのもおすすめです。


ハサミ専用研ぎ器は、100均でも取り扱いがあります。

研ぐ性能にそれほどこだわりがないなら、100均のものでも十分かもしれませんね。

 
砥石などを使って研ぐ方法もありますが、これは熟練技が必要。

いきなり素人が砥石でハサミを研ぐと、余計切れにくくしてしまうことがあるので注意しましょう。

サンドペーパーでみがく

サンドペーパーでみがく方法は、汚れがついている時・サビている時にも有効です。

細目のサンドペーパーで、ハサミ刃の外側の部分だけをみがき、汚れを削り落としましょう。

目の荒いサンドペーパーを使ったり、ハサミの内側を磨いてしまうと、刃と刃が当たる部分の接続が悪くなり、切れ味が悪くなってしまうことがあるので注意しましょう。

スポンサーリンク



油や粘着テープの汚れで切れなくなったハサミの切れ味を戻す方法

ハンドクリーム・日焼け止めクリームを塗る

ハサミに油や粘着テープなどの汚れがついて切れ味が落ちている場合は、ハンドクリームや日焼け止めクリームなどの、油分が含まれているクリームを使うことで、切れ味を復活させることができます。

ハンドクリームや日焼け止めクリームをハサミの刃に塗り、指で広げてなじませたあと、ティッシュなどでふき取るだけでOK。

クリームの油分がハサミの汚れを取り去り、切れ味を復活させてくれます。

使用期限が切れたクリームでも使えますので、もう使っていないハンドクリームや日焼け止めクリームがあったら、ぜひ試してみて下さい。

100均のシールはがしを使う

100均やホームセンターには、壁やタンスに貼られてしまったシールをはがすためのシールはがしが売られています。

このシールはがしを使って、ハサミの汚れを簡単に落とすことができます。

せっけんを塗る

クリームもシールはがしもなければ、せっけんを塗る方法があります。

せっけんを塗った後、ティッシュなどでふき取ってください。

石鹸には油分が含まれているので、ハサミの潤滑油としても効果を発揮します。

スポンサーリンク



アルミホイル・アルミ缶を切るとハサミの切れ味が復活する理由

アルミホイル・アルミ缶を切るとハサミの切れ味が復活するのって、不思議ですよね。

でもこれにはちゃんと、科学的根拠があります。

構成刃先の原理

あるものを切ると、切られたものの成分が刃先に付着して、刃の方の成分になってしまうことを、構成刃先(こうせいはさき-built-up edge)と言います。

この原理がハサミでアルミホイルやアルミ缶を切る時に働き、ハサミの刃こぼれが修復されるのです。

アルミは、金属類の中では融点が約660度と低いため、切る時の一瞬の摩擦で目に見えない融解を起こし、ハサミの傷に入り込んで修復してくれる、という仕組みです。

 
ただし、アルミホイルやアルミ缶を使った復活方法は、残念ながら一時的なものです。

磨いたりクリームを塗って汚れをとっても切れ味が復活せず、アルミやアルミ缶を切ってもしばらくするとまた切れなくなっている…というような場合は、手間ひまを考えると新しいハサミを購入した方が早いかもしれません。

 

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す