お風呂のカビの予防方法は天井が肝心!酢水スプレーの効果は?

お風呂は、住宅の中でも一番カビがはえやすいところ。

体をきれいにするためのお風呂なのに、カビだらけなんてイヤですよね…。

普段からお風呂のカビを予防するにはどうしたらよいのでしょう…?

スポンサーリンク
 

酢入りスプレーを壁に吹き付けると良いって聞いたよ!

お酢は除菌効果があることでよく知られています。

1028

酢をかけると強い酸性がカビを除菌してくれるので、いったんはきれいになるのですが…。

でも、酢の原料は穀類。

そう、酢はカビのエサにもなるのです。

カビが増殖する原因となってしまうことがあるので、酢水スプレーはお勧めできません。

 

え~~っ!じゃあ、どうするのが良いの?

スポンサーリンク
 

お風呂の最後に水シャワーをかけましょう

最後にお風呂に入った人が、あがる前に壁や天井などに水シャワーをかけることで、カビの繁殖を抑えることができます。

カビが繁殖しやすい環境は、25℃~35℃くらいと言われています。

水は25℃より温度が低く、カビが繁殖しにくい温度なので、シャワーでせっけんアカなどを洗い流すついでに壁や天井を冷ましてしまうのです。

 

タオルで天井と壁の水滴をふき取ると効果的!

水が残っていると、カビにとって繁殖しやすい環境となりますので、シャワーをかけた後の天井と壁はタオルでサッとふき取るとより効果的です。

天井が高くて届かない時は、柄付きワイパーなどを使って。

家事えもん流お風呂掃除は天井のカビを退治することから!

 

残ったお湯は流しましょう

浴槽にお湯が残っていると、湯気が上がり、またカビが増殖しやすい環境を作ってしまいます。

最後の人がお風呂からあがる時は、お湯を流してしまいましょう。

翌日のお洗濯などに使いたい場合は、浴槽にフタをするだけでも結露を防ぐ効果がありますが、カビが繁殖しやすい梅雨から夏にかけての季節は、できるだけお湯を流してしまうのがおすすめです。

 

天井はカビの温床になりやすいので特に気をつけて!

天井は蒸気が上がりやすいため結露しやすく、カビが繁殖しやすい環境であるにもかかわらず、意外と見落とされがちな場所です。

1029

天井にカビがあると、それが下にどんどん降りてくるので、天井のケアもしっかりと忘れずに。

 

お風呂のカビ予防は「水シャワーとふき取り、天井も忘れずに」だね!

1分でできる!超簡単・編まないアクリル毛糸たわしの作り方

熱中症は日常生活から予防できる!夏の体調管理方法5項目

おにぎりのお弁当に注意!食中毒予防は手洗い・ラップ・梅干しで

紅茶や麦茶のティーバッグは、洗いものやシンクの掃除に再利用

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す