卵を使わないフライやカツの衣の作り方【卵は水で代用できる!】

とんかつやエビフライ、コロッケなどのフライやカツは、子供やご主人が大好きなおかずのひとつ。

できれば自宅で手作りしたいですよね。

でも、いつも衣をつくる時の卵が『足りない』か『余ってしまう』…。

卵を使わない衣の作り方なら、たとえわずかな量の揚げ物でも、卵液が残ってしまうことを気にせず作ることができる上、手間も省けるのでおすすめですよ!!

スポンサーリンク


衣の材料

たまごなしの衣の材料は以下の通り。

・小麦粉
・小麦粉と同量くらいの水
・パン粉 適量

以上です。

小麦粉が大さじ1杯なら、水も大体大さじ1杯くらいです。

揚げる具材の量に合わせて、小麦粉と水の量も調整してください。

 

たまごなしの衣の作り方

小麦粉と水を混ぜて、天ぷらの衣くらいのかたさにします。

揚げる具材に、この小麦粉液をまんべんなくつけます。

sh0027

さらに、パン粉をできるだけすき間なくつけて出来上がり。

あとはいつも通り揚げてください。

sh0026

この方法なら衣をつけるステップが、『小麦粉⇒卵⇒パン粉』から『小麦粉液⇒パン粉』になり、ワンステップ省けるので簡単・手間なし!

材料の無駄もなく、気軽に好きな量のカツやフライが作れます!

 

スポンサーリンク


 

マヨネーズなら衣になるし味もつく!?

小麦粉+卵(または小麦粉+水)のかわりに、マヨネーズを使うという方法もあります。

マヨネーズを具材にまんべんなくつけ、パン粉をしっかりまとわせて出来上がり。

マヨネーズなら味付けにもなるので、いつもと変わった風味のフライが楽しめます。

 

ただ、私がやってみた限りでは、マヨネーズ+パン粉の衣は、揚げている途中で衣がはがれやすい+油はねしやすい印象でした。

(いつも少なめの油で揚げているせいでしょうか…?)

 
たまごの量に縛られることなく簡単・手軽に作れるフライ・カツ、ぜひ作ってみてくださいね!

 

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す