ミネラルウォーターや浄水器の水で氷を作るとカビがはえる!?

氷を作る時は、ペットボトルのミネラルウォーターや浄水器の自ら作っている方も多いと思います。

私も少し前まで、当然のようにカルキ臭や不純物を浄水器で除去したきれいな水で氷を作っていました。

でもそれ、氷にカビがはえる原因になっているかもしれないって、本当…!?

「ミネラルウォーターや浄水器の水で氷を作るとカビがはえる!?」の続きを読む…

食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」!

食中毒予防に大切なのは、食中毒の原因となる細菌を体の中に侵入させないこと。

そのために、覚えておくべき「食中毒予防の3原則」があります。

ほとんどの食中毒は、この3原則を守っていれば防げるので、基本的なことですがしっかり確認しておきましょう。

「食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」!」の続きを読む…

ラップのつなぎ目(端っこ・切れ目)がわからない時の見つけ方

ラップのつなぎ目(端っこ・切れ目・巻き終わり部分)が巻き取られてしまい、わからなくなってしまうこと、ありますよね。

吸着力が強い商品ほど起こるこのトラブル…。

どうすれば解決できる!?

「ラップのつなぎ目(端っこ・切れ目)がわからない時の見つけ方」の続きを読む…

揚げ物に使って酸化した油は再利用していいの?エコな捨て方は?

揚げ物に使った油って、たくさん残ってると捨てるのももったいないので、できれば再利用したいですよね。

でも、一度使った油は酸化して体に悪いって言うし…。

かといって毎回揚げ物をするたびに大量の油を捨てちゃうのってお金がかかるし、環境にも悪いんじゃないの…?

「揚げ物に使って酸化した油は再利用していいの?エコな捨て方は?」の続きを読む…

フライパンは洗わないのが良いって義母に言われたけど、本当?

結婚してよその家庭に入ると、生活習慣の違いに驚くことがあります。

そんなびっくりするような生活習慣の一つに、「フライパンを洗わない」というのがあります。

お義母さんに「フライパンは洗っちゃダメ、いたむから」と言われる人、意外と多いみたいですが…。

「フライパンは洗わないのが良いって義母に言われたけど、本当?」の続きを読む…

普段の使い方をちょっと変えてフライパンを長持ちさせる方法

テフロン加工のフライパン、シルバーストーン加工にセラミック加工、ダイヤモンドコーティングのフライパン…、高性能のフライパンが次々出ています。

どれも表面を調理しやすく焦げ付きにくいようコーティングしてあるのですが、普段の使い方が間違っていると、せっかくのフライパンがすぐダメになってしまうことに…!

「普段の使い方をちょっと変えてフライパンを長持ちさせる方法」の続きを読む…

鍋やフライパンの底など、外側についた焦げつきの落とし方

鍋の内側の焦げは「湯で煮る」「重曹で煮る」「酢で煮る」などのステップで洗い落とすことができますが、外側についた焦げつきは直接煮ることができません。

鍋の外側にこびりついた汚れの落とし方をご紹介します。

「鍋やフライパンの底など、外側についた焦げつきの落とし方」の続きを読む…

焦げたステンレス鍋・ホーロー鍋の汚れを重曹・酢・玉ねぎで落とす

ステンレス鍋・ホーロー鍋の焦げは、重曹や酢を使って洗い落とすことができます。

土鍋やフライパンの焦げにも応用できますので、ガンコな焦げ付き汚れがあったら一度試してみてくださいね。

「焦げたステンレス鍋・ホーロー鍋の汚れを重曹・酢・玉ねぎで落とす」の続きを読む…

家庭で簡単にできる!お皿を使ったステンレス包丁の研ぎ方

包丁の切れ味は、調理中のストレスを軽くするだけでなく、食材の美味しさを引き立てる効果もあります。

できれば包丁は毎日研ぎたいもの。

陶器のお皿やティーカップを使えば簡単・手軽に包丁の切れ味がよみがえります。

「家庭で簡単にできる!お皿を使ったステンレス包丁の研ぎ方」の続きを読む…

紅茶や麦茶のティーバッグは、洗いものやシンクの掃除に再利用

紅茶や麦茶が大好きで毎日飲んでいる方、出がらしのティーバッグはどうしていますか?

我が家では、毎日のように麦茶や紅茶、ハーブティーをティーバッグで飲んでいます。

出がらしのティーバッグのごみも、毎日…。

捨てるのも、なんだかもったいないですよね。
「紅茶や麦茶のティーバッグは、洗いものやシンクの掃除に再利用」の続きを読む…