足のニオイがクサいのはなぜ?洗い方・インソールなどの対策方法

疲れて帰宅し、リビングでくつろいだとたんに鼻をつく異臭騒ぎ…!!

「生ゴミの不始末!?」
「不法投棄!?」
「誰か納豆ふんづけた!?」

と、思ったらパパの足のニオイだった…!orz

…なんてことになる前に、フットケア対策をしっかりしておきましょう。

スポンサーリンク



 

なんで足ってあんなにクサくなるの?

足から出る独特のニオイは、酸っぱく感じるのが、汗が元になって出る酢酸、そして腐ったチーズや納豆のような刺激臭が、イソ吉草酸(いそきっそうさん)という脂肪酸が元になって出るニオイです。

1113

靴の中は密閉された湿度の高い環境になりやすく、足から出る汗や脂肪酸をエサとする雑菌にとっては繁殖しやすい絶好の環境なのです。

 

体は洗いすぎるとクサくなるんでしょ?足もそうなの?

体は洗いすぎることによってかえって雑菌が繁殖し、臭うようになることがありますが、足のニオイが気になるようであれば、足の裏と指の部分だけは毎日洗うようにしましょう。

「足は体とは別扱い」と思った方が良いです。

 

ゴシゴシ洗いは禁物です。

足がクサイからと、たわしやブラシを使ってゴシゴシと強く洗うのはやめましょう。

皮膚に目に見えない細かいすりキズができ、白癬菌(はくせんきん)と言う水虫のモトになる菌が皮膚に入り込みやすい環境を作ってしまうことになります。

指の間など入り組んだところを中心に、手の指で丁寧にやさしく洗います。

 

泡パックがおすすめです!

石鹸をモコモコに泡立て、泡で足全体を覆ったら、しばらく流さずに置いて泡パックをしてみましょう。

肌を守る大切な角質を落としすぎてしまうようなこともなく、足を清潔に保つことができます。

スポンサーリンク



その他の足のニオイ対策

 

サイズの合った靴・通気性の高い靴をはきましょう。

足のサイズがぴったりの靴の方が、歩くたびに靴の隙間から湿った空気が押し出され、換気されやすくなります。

サイズがきつければ空気も出入りしにくく、大きすぎても空気が出るための勢いが足りません。

また、靴のタイプも通気性の高いものがおすすめ。

1115

女性なら、つま先が開いているようなタイプののものを選ぶのがベターです。

通勤時はカチッとした靴でも、オフィスでサンダルに履き替えるなど、足の換気を。

 

通勤用の靴は3足用意しましょう。

足がクサくなくても、水虫予防などのために靴は2足用意し、毎日交互に履きかえた方が良いと言われていますが、においがひどい時は3足用意します。

3足を毎日取り換えてローテーションし、オフの日にあたる靴を風通しの良いところに置いておくだけでも、除菌対策になります。

 

10円玉を靴に入れるのもおすすめ!

10円玉の素材である胴には、銅イオンによる消臭効果があることで知られています。

休ませる靴の中に、10円玉を敷き詰めておくのも消臭対策になります。

10円玉はよく水洗いし、乾かしてから使うとより効果が上がります。

 

外を歩くことが多い仕事なんだよね…。

靴下を持ち歩き、途中で履き替えるのも菌の繁殖を抑える対策になります。

また、日中なかなか靴を脱ぐことができず、靴の換気が難しい時は、メッシュタイプのインソールを使ってみるのも一つの手段です。
1116

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す