麻の服などデリケート素材-シャツ・ジャケット・バッグなどの洗い方

シワになりやすく、普通に洗うと縮んでしまうこともある麻素材の服など、デリケート服やバッグを家庭で洗う時は、手洗いでのお洗濯がベター。

最近の洗濯機には手洗いモードがついているものも増えていますが、大切なお洋服は、やっぱり手洗いで丁寧に洗いたいですね。

デリケート素材の洗い方の基本をまとめました。

スポンサーリンク



 

まずは洗濯表示を確認しましょう。

このような表示があれば、
「30度以下のぬるま湯・中性洗剤で手洗いOK」
ということなので、家庭での手洗いができます。

1090

水の入った桶に×マークがついていたら、ドライクリーニングに出しましょう。

1098

 

おしゃれ着用の中性洗剤で洗います。

洗い桶に水または30度以下のぬるま湯を入れ、おしゃれ着専用の中性洗剤を入れて混ぜます。

ぬるま湯の方が、より高い汚れ落ち効果が期待できます。

1092

おしゃれ着専用洗剤は、リンス効果で生地を守る効果があり、すすぎも少なくて済むよう作られているので、通常の洗剤ではなくデリケート服の専用洗剤を使いましょう。

スポンサーリンク



 

デリケート衣類をたたんで洗い桶に入れ、洗います

汚れが目立つところ(集中して洗いたいところ)があれば、その部分を表にしてたたみ、洗濯桶に入れます。

1093

まずは押し洗い。

やさしくふわ~っと押し洗いします。

1094

押してはふわっと浮かせ、また押して…を数回繰り返し、全体を洗います。

えり・そで口・わきの下など、汗や垢の汚れが付きやすいところは、つかみ洗いをします。

1095

ふわっとつかみ、放す、を繰り返します。

ギュ~ッとつかんだり、ゴシゴシこすり洗いしたり、爪をたてるのは厳禁ですよ~。

 

すすいでしぼり、水けをきります。

洗い桶の水を入れ替えてすすぎます。

すすぐときもふわっと押しては浮かせて、やさしく、が基本。

洗剤にもよりますが、すすぎは1~2回でOKです(洗剤の表示を確認してください)。

すすぎすぎるとせっかくのリンス効果が薄れることがあるので、表示より多いすすぎは必要ありません。

軽くしぼり、乾いたバスタオルの上に広げてのせ、水けを切ります。

1096

もう少し水を切りたい時は、バスタオルにはさんだまま軽く脱水機にかけてもOK。

脱水は10~20秒数えたら、手動で止めましょう。

 

あとは干して出来上がり!

アイロンをかけたい時は、生乾きの状態でかけるときれいに仕上がります。

大切なおしゃれ着をいつまでもきれいなままで着るために、「ちょっとの手間」を惜しまずかけてあげましょう。

麻の服やウールの服が縮んでしまった…!元に戻す方法は?

漂白剤で落ちない白シャツのエリ・そでの「黄ばみ汚れ」の落とし方

柔軟剤を使わずタオルの吸水性を良くしてふわふわに仕上げる方法

洗濯王子・中村祐一さんに教わる食べこぼしのシミ抜き方法

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す