眠気・吐き気・風邪っぽい…秋バテを入浴とアロマで改善する方法

夜更かししてるわけじゃないのに眠くてダルい。

食欲がなくてあまり食べてないのに軽く吐き気もする。

なんだか風邪みたいな症状がずっと続いている…。

夏の終わりから秋口にかけて、こんな症状が続いていたら、それは秋バテかも。

秋の不調を入浴とアロマで改善する方法をご紹介します!

スポンサーリンク



秋バテになるのは自律神経が乱れているから!?

秋バテになる原因のひとつとして、自律神経のバランスの乱れがあげられます。

夏の生活習慣が秋バテの原因に?

夏の間、こんな生活習慣が身についていたら要注意かも…。

1282

・冷房のよく効いた部屋で過ごす時間が長かった
・冷房のよく効いた部屋と暑い室外を出入りする機会が多かった
・冷たい飲み物や食べ物をよく食べた
・熱帯夜に冷房も扇風機もかけず暑さを我慢して寝ることが多かった
・食欲がないので肉や魚をあまり食べなかった
・飲み会が続いて夜まで飲み歩き・食べ歩きが多かった
・熱いのでお風呂に入らずシャワーだけで済ませることが多かった

1220

体力を消耗しやすい夏の間に、こんな生活を続けていたら、自律神経のバランスが崩れて秋に体調を悪くしてしまうことがあります。

そのような状況で起こる不調を総称して、秋バテと言います。

自律神経の乱れは入浴と生活リズムで整える

乱れた自律神経は、生活のリズムを整え、適切な入浴方法を続けることで正常なバランスを取り戻すことができます。

1221

副交感神経を優位にし、体をリラックスさせるためにはお風呂の温度をぬるめに設定することが大切です。

身体はお風呂の温度が40度を超えるのを境目に、交感神経が刺激され、体や意識が覚醒してリラックスしにくい状況になってしまいます。

また、お風呂の温度が熱すぎるとすぐに体の表面温度が熱くなり、お風呂に入って早々に体が温まったような気になるので、短い時間であがってしまうことにもなります。

そうすると体の芯まで温まる前にお風呂から出てしまうことになるので、お風呂で体を温める効果も半減してしまうのです。

お風呂の温度は38度~40度に設定し、20~30分くらいかけてゆっくり浸かりましょう。

就寝予定時間の1時間前までには入浴を済ませておき、ダウンライトにして灯りによる刺激をおさえ、パソコンや携帯スマホなどの操作も控えましょう。

スポンサーリンク



アロマオイルでリラックス効果を!

アロマオイルには、芳香成分によって気分を高揚させたり落ち着かせたりする効果があり、香りを通して生理作用のバランスを整える効果があります。

バスタブに好きなアロマオイルを数滴たらし、香りを楽しみながら入浴することでより高いリラックス効果が得られます。

アロマの香りを上手に利用して、副交感神経を優位に導きましょう。

リラックス効果の高いアロマオイルをご紹介します。

1230


カモマイル・ローマン

リンゴに似たフルーティーな香りで、不安や緊張、怒りなどを鎮める働きのあるアロマオイルです。

憂うつな気分や不眠の改善に役立ちます。

眠れない時に枕元に置くのも効果的。


サンダルウッド

甘くエキゾチックな木の香りで、神経の緊張や不安を和らげ、免疫系を強化する働きがあります。

神経の高ぶりを鎮め、心をリラックスさせて落ち着かせます。

消炎作用があり、膀胱炎や尿道炎、風邪やのどの痛みなどの症状を緩和します。


ベンゾイン

甘いバニラのような香りで、ストレスによる抗うつや不安を和らげます。

心を穏やかにする甘い香りで、神経の緊張を和らげる効果があります。

リラックスタイムにはオススメのアロマです。

肺の機能を高める効果があり、咳やのどの痛みを鎮めます。


ラベンダー

数あるアロマオイルの中でも一番人気のラベンダーは、ウッディでフローラルな香りで、中枢神経のバランスを整え、ストレスによる緊張をほぐします。

気分をリラックスさせてストレスを和らげ、高い鎮静効果で感情の高ぶりをおさえます。

眠れない時などには、オレンジ・スイートとブレンドして枕元に置くのがおすすめです。


お風呂の後は冷たい飲み物を避け、室温か少し温めた白湯を飲んで体が冷えないようにして、ゆったりと過ごしましょう。

※アロマオイルには、交感神経を刺激して気分を覚醒させるタイプのものもあるので、ショップの店員さんとよく相談し、気になっている症状に合わせた香りを選ぶようにしてください。

秋バテには食事療法も効果的なので試してみてくださいね。

ダイエット・便秘解消・美肌に疲労回復…炭酸水の効能がすごい!

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す