だるい・疲れる…秋バテ改善におすすめの食事と対策

やっと夏が終わり、過ごしやすくなってきたはずの秋に、体がだるくて食欲がなく、疲れやすい…なんて感じたことはありませんか?

それは夏の疲れが一気に出たことや、自律神経の乱れ・水分不足が積もり積もって出てくる「秋バテ」かもしれません…!

スポンサーリンク



秋バテの原因は?

夏から秋に変わる頃、残暑の厳しい日が続いたと思ったら急に涼しくなったりと、気候の変化が激しいと自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。

1218

夏の間冷房の効いた部屋にばかりいて体温調整機能が崩れていたり、真夏の食欲不振による体力の減退が秋になって表面化して来るケースも。

冷たいものの食べ過ぎで胃腸が弱っていることも原因となります。

また、秋に気候が一気に乾燥していくことで体の水分が奪われることも原因のひとつ。

こんな症状に要注意

食欲がない
胃がもたれる
疲れやすい
だるい
立ちくらみがする
めまいがする
頭がボーっとする
寝つきが悪い
朝スッキリ起きれない

このような原因不明の不調を感じたら、秋バテに良いと言われる食材をとり入れて、体調管理を心がけましょう。

スポンサーリンク



秋バテ改善に効果のある食べ物

酸味と水分を補給

秋バテ改善に効果的なのは、酸味があって水分を多く含む食べものが良いそうです。

フルーツは全般的に酸味と水分が多いのでお勧めですが、秋の味覚・梨などはまさに秋バテにぴったりの食材と言えそうですね。

梨は特に、肺を潤す食材と言われており、咳止め効果がある事でも知られています。

2042

白い食べ物で乾燥予防

秋バテは体の乾燥を改善する必要があるので、体を潤す働きがあると言われる「白い食べ物」を積極的に食べるようにしましょう。

豆腐、さといも、大根、レンコン、山芋、白キクラゲ、白ゴマ、そしてやはり梨ですね。

1219

消化の良いもので胃腸にやさしく

夏の間に冷たいものを飲んだり食べたりして体を冷やし過ぎていると、消化器系の内臓も疲労し、消化・吸収力も低下しています。

刺激の強いものや消化に時間のかかるものは避け、やわらかいもの、胃にやさしいものを食べるようにしましょう。

また、普段より柔らかく煮るなどして、消化に負担がからかない工夫を。

1283

ネバネバ成分で胃壁・腸壁を守る

ネバネバの食材は胃や腸の壁を守ってくれる働きがあります。

サトイモ、山芋、納豆、おくらなどを食事の最初に食べると胃に負担がかかりにくくなりますよ。

1284

秋バテをそのままにしておくと、今度は寒い冬を乗り切るための体力がなくなってしまいます!

体調不良を感じたら、食事を見直し、ゆっくり休養を取って体を休めましょう。

アロマの香りと共にお風呂にゆったりつかるのも効果的です。
眠気・吐き気・風邪っぽい…秋バテを入浴とアロマで改善する方法

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す