食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」!

食中毒予防に大切なのは、食中毒の原因となる細菌を体の中に侵入させないこと。

そのために、覚えておくべき「食中毒予防の3原則」があります。

ほとんどの食中毒は、この3原則を守っていれば防げるので、基本的なことですがしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク



食中毒予防3原則

 

原則①「つけない」

一見きれいに見える手には、細菌・バイ菌・ウイルスなどがたくさんついています。

手はいろいろなものをさわり、さらにその手で鼻や口のまわりをはじめとする顔のいたるところをさわってしまいます。

手をきれいにしておくことで、雑菌などが体に侵入することを防ぎます

1168

こんな時は手を洗おう

● 外出から帰宅した時
● お料理を始める前
● 生の肉や魚などを調理する前後
● トイレの後
● 鼻をかんだ後
● おむつ交換の後
● 動物にふれた後
● 食事の前

特に、帰宅時・食事を用意する時・食べる前の手洗いをしっかりする習慣を身につけましょう。

玄関に消毒用アルコールを置いておくのも効果的です。

手荒れが気になる場合は、使い捨てのビニール手袋を用意し、肉や魚の調理をするときだけ使うという手段も。

ハンバーグのタネをこねる時などは、肉の脂分も多く、こねた後は1回や2回せっけんで洗ったくらいではヌメヌメがなかなか取れないですが、手袋なら捨ててしまえば良いので、とても楽です。

ビニール手袋を毎回捨てるのがもったいない!と思われるかもしれませんが、使い捨てのビニール手袋を1枚捨てる以外は、手間ひま・せっけん代・水道代もかかりません。

 
本当にもったいないのはどちらか、そして食中毒にかかってしまった時の損失はどれくらいか?

リスクを含めて考えれば、使い捨てビニール手袋をキッチンに常備した方がおトクです。

まな板や包丁を分ける

生の肉や魚をのせたまな板、切った包丁は、間違ってそのまま野菜や果物を切ってしまったりしないよう、すぐに洗うか、生肉・生魚専用と、それ以外の食品用のまな板・包丁を用意し、分けて使うようにしましょう。

生肉・生魚などの雑菌は、水洗いだけでは落ちないので、必ず食器用洗剤でしっかりと洗いましょう。

1172

梅雨から夏の時期にかけては、すでにひと口大に切り分けられているものや、焼くだけの状態に味付けされている肉や魚を使い、まな板や包丁を使わず調理できるようにするのもおすすめです。

焼き肉を調理する場合は、生肉を扱う時専用の箸やトングと、焼けた肉を扱う時・食べる時の箸は、しっかり分けて使いましょう。

1170

生肉を扱う時の箸は菜箸のような長いものにするなどして、混同しない工夫を。

焼肉を食べる際には、殺菌作用のある緑茶を一緒に飲むのも効果的です。

スポンサーリンク



 

原則②「増やさない」

雑菌・細菌はどこにでも潜んでいますが、数が少なければ、体内の免疫力で打ち負かすことができます。

そのためにも、増やさないことが肝心。

冷蔵庫・冷凍庫で保存する

ほとんどの細菌は、高温・多湿な環境において増殖が活発になります。

でも、冷蔵庫内の標準温度である10度以下では増殖のスピードもゆるくなり、冷凍庫では増殖が止まります。

1173

食品は冷蔵庫や冷凍庫で適切に保存しましょう。

お買い物の後は、できるだけ早く冷蔵庫に保管することが大切です。

冷蔵庫の中でも細菌はゆっくりと増殖し続けるので、冷蔵庫に入れたものでも消費期限内に食べきるようにしましょう。

夏はネットスーパーを利用してみましょう。

真夏は、スーパーから自宅までの距離がそれほど遠くなくても、生鮮食品やアイスクリームなどがすぐ常温になってしまうことがあります。

味に影響するだけでなく、細菌の増殖にもつながります。

帰り道で知り合いに遭遇し、ちょっとした立ち話をしただけで、食品が危険な状態になっていることも…!

夏は生鮮食品だけでもネットスーパーにしてみてはいかがでしょう?

一定料金以上頼まないと送料が発生するなどの規定はありますが、重いものを玄関先まで運んでもらえるので楽な上、食中毒のリスクも下げられるのでおすすめです。

 

原則③「やっつける」

加熱調理をしっかりと

ほとんどの細菌やウイルスは、加熱することで死滅します。

肉・魚を調理する時は、中までしっかり火が通っているかを確認し、生焼け・生煮えのまま食べてしまわないよう気を付けましょう。

調理器具の除菌

調理に使ったまな板や包丁、ふきんなどは、使用後しっかりと除菌しましょう。

よく洗った後熱湯をかけたり、除菌洗剤での除菌や、高温で洗える食洗機なども有効です。

食洗機は高温で洗浄してくれるので安心なように思いますが、ずっと使いっぱなしにしていると意外と機内が汚れ、雑菌の温床になっていることもあります。

定期的に高温で空洗いし、清潔に保ちましょう。



楽しい夏の思い出を食あたりの思い出に変えてしまわないよう、3原則をしっかり守って元気に過ごしましょう!

食中毒予防効果の高い緑茶カテキン作用で、お腹の中を除菌!

おにぎりのお弁当に注意!食中毒予防は手洗い・ラップ・梅干しで

食中毒予防効果のある食材:ヨーグルトがサルモネラ菌などを除菌!

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す