夏の吐き気と頭痛は熱中症かも!?処置方法を覚えておこう

夏の日に、急な吐き気や頭痛などの症状が出たら、まず熱中症を疑いましょう。

場合によっては早急な処置が必要です。

たとえ判断が間違っていたとしても、応急処置をして体に悪いことは何もありませんので、疑わしい症状だと思ったらすぐ対処を!

スポンサーリンク



梅雨から夏にかけて毎年多発する熱中症。

夏は、昼・夜、室外・室内に関わらず、いつでもどこでも熱中症になる危険性がひそんでいます。

1152

 

そもそも熱中症ってどういう病気?

熱中症とは、高温環境が原因で生じる疾患や障害の総称です。

汗をかくことで、体内の水分バランス・ナトリウム(塩分)バランスが大きく崩れ、体温を調整する機能に狂いが生じて起こる症状で、最悪の場合は死に至るケースも毎年発生しています。

スポンサーリンク



 

症状を覚えておきましょう。

軽度の熱中症(Ⅰ度)

● めまい・立ちくらみ
急に立ち上がったりした時、脳への血流が一時的に減少し、めまいや立ちくらみなどを起こすことがあります。
運動直後などに起こりやすく、脈が速く弱い、顔色が悪い、呼吸が早い、唇がしびれるなどの症状があることも。

● 筋肉痛・けいれん
足がつったり、こむら返りを起こしたりします。
汗で塩分が流出したために起こる症状です。

水分補給と休憩をこまめにとりましょう。

中度の熱中症(Ⅱ度)

● 頭痛
● 吐き気・嘔吐
● 下痢
● 倦怠感・虚脱感
● 判断力・集中力の低下

身体がぐったりとして、力が入らなくなることも。

すぐに涼しいところに移動して水分補給し、ぬれたタオルなどを使って体を冷やします。

あればスポーツドリンクなどでミネラル分の補給を。

重度の熱中症(Ⅲ度)

● まっすぐ走れない・歩けない
● 意識障害
● けいれん・手足の運動障害
● 過呼吸
● ショック症状
● 奇妙な言動や行動
● 体温が高い

早急に涼しいところに移し、足を高くして寝かせます。

わきの下や太ももの付け根・首など太い血管が走っている場所をぬれタオルや水で冷やし、意識がないようであればすぐに救急車を呼びます

車があれば、救急車を待つより病院に直行した方が早いこともあるので、状況を見て判断してください。

真夏は無理をせずこまめに休憩し、その都度水分補給をすること、普段あまり動かないのに急に長時間の激しい運動をしたりしないなど、熱中症にならないための対策を心がけましょう。

真夏の我慢は禁物です。

熱中症は日常生活から予防できる!夏の体調管理方法5項目

食べ物でも熱中症を予防!食事で水分補給できる食材とメニュー

夏バテ予防・疲労回復に、ビタミンB1・イミダペプチドを多く含む食材

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す