【簡単】Backe晶子さんの家庭で焼くおいしいちぎりパンレシピ

一度でも本格的なパンを作ったことのある人なら、パン作りがどれだけ大変かわかりますよね。

でも、レシピ本「日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」の著者、Backe晶子(べっかあきこ)さんの作り方なら、難しい行程をすべて省いて単純かつ簡単なパン作りができます!

スポンサーリンク

当記事は、2015年9月21日放送「ゴゴスマ」を参考にしています。

ちぎりパンの材料

● 強力粉 280g
● ぬるま湯(35℃前後) 180cc
● 塩 小さじ1
● インスタントドライイースト 小さじ1
● 砂糖 大さじ1
● バター 5g(かなり少ないですが、間違いではありません)

簡単ちぎりパンの作り方

材料を混ぜ合わせ、練る

ボウルに強力粉をふるいます。

ふるった強力粉のかたすみに砂糖を、反対のはじに塩を入れます。
 (ドライイーストを水につける時、先に塩が混ざらないようにするためです)

1361

ボウルを砂糖の側に傾け、ぬるま湯、ドライイーストを入れます。

1362

ぬるま湯・砂糖・ドライイーストと粉の一部を手で軽く混ぜあわせ、さらに全体を混ぜ合わせます。

生地を練ります。

まな板などの上で、両手の平を使って押しては丸め、方向を変えて押しては丸め…を約5分。

発酵させる

練った生地を丸めてボウルに入れ、ラップをかけて放置します。

1363

25℃くらいの部屋で約50分が目安です。
(一次発酵)

暑い季節は短めに、寒い季節は長めにしましょう。

スポンサーリンク
生地を成形し、2時発酵して焼く

発酵が終わった生地を8等分にカットして丸めます。

ぬれフキンをかぶせ、10分寝かせます。

1364

少し形を丸く整え直し、型に入れてぬれフキンをかぶせ、25℃くらいのお部屋で約40分放置します(二次発酵)。

1365

専用の型がなければ、クッキングシートに並べて作っても大丈夫!

190度のオーブンで15分焼いてできあがり!

1366


Backe晶子さんのパンがおいしい秘密は、バターも最小限で、卵も牛乳も入っていないところにあります。

Backe晶子さんいわく、よけいなものが一切入ってないからおいしい、強力粉しか入ってないので、お砂糖の甘みを強く感じられるからおいしい、ということでした。

超簡単!40分でできる・手間なし・こねない自家製パンレシピ

行列のできる名店「きじ」のお好み焼き完全再現レシピ

低温加熱調理でサバの味噌煮をやわらかく臭みなく仕上げる方法

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す