洗濯王子・中村祐一さんに教わる食べこぼしのシミ抜き方法

買ったばかりの服に食べこぼしのシミをつけてしまった…!!(泣)

このまま部屋着専用にするしかないの!?

ショック~~!!!

…でもちょっと待って。洗濯王子こと中村祐一さんが、食べこぼしのシミ抜き方法を教えてくださいました。

ミートボールのソース、カレー、コーヒー、しょう油、ソース、赤ワインなど、あらゆる食べ物のシミ抜きに有効な方法です。

スポンサーリンク


※当記事は、2015年9月4日放送「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」を参考にしています。

簡単!あらゆる食材の食べこぼしによるシミ抜き方法

用意するもの

● 食器用中性洗剤
● 汚れても良いタオル
● ぬるま湯
● 歯ブラシ

ガンコな汚れにはさらに下記を用意

● クエン酸
● 酸素系漂白剤

しみ抜きの手順
 

汚れても良いタオルを、落としたい汚れの下に敷きます。

1323

 

食器用中性洗剤を、原液のまま汚れに直接つけます。

1324

 

歯ブラシで洗剤と汚れをなじませます。

1325

この時、歯ブラシの背のツルツルしたプラスティックの部分を使うのがコツ!

ブラシの毛の方でこすってしまうと、毛羽立ってしまったりなど、布地を傷つけてしまうことがあります。

スポンサーリンク


 

ぬるま湯ですすぎます。

1327

食べ物の汚れは油分なので、お湯の中で軽くもみ洗いすると汚れが落ちやすくなります。

この時点で、汚れのほとんどは落ちているはず。

まだ気になる汚れが残っている時は、さらに次のステップへ。

 

クエン酸と酸素系漂白剤で洗います。

クエン酸を水に溶かしたものと、酸素系漂白剤を水に溶かしたものを用意します。

分量は、100mlくらいの水に、それぞれひとつまみずつでOK。

1328

この二つの液体を、歯ブラシで交互に汚れになじませていきます。

酸素系漂白剤はアルカリ性、クエン酸は酸性なので、この二つを交互につけることで漂白効果が期待できるのだそうです。

この時はブラシの毛の方を使いますが、こすらず、トントンと水をのせるようにつけましょう。

 

あとは普通に洗濯します。

この後、必ず通常のお洗濯をしましょう。

しみ抜きだけして乾かしてしまうと、輪ジミの原因になってしまうことがあります。

以上でした。

洗濯王子・中村祐一さんが教える食べこぼしのしみ抜き方法、ぜひ試してみてくださいね。

洗濯王子・中村祐一さんに教わるボールペン汚れの落とし方

柔軟剤を使わずタオルの吸水性を良くしてふわふわに仕上げる方法

麻の服などデリケート素材-シャツ・ジャケット・バッグなどの洗い方

スポンサーリンク


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

コメントを残す