部屋のカビはアトピーやアレルギーの原因に!?梅雨のカビ防止対策

毎日ジメジメとうっとうしい梅雨…。

何よりちょっと気を抜くとすぐにお部屋に生えてしまうカビ…!

困りものですよね。


カビは見た目に不潔なだけではありません。

人にとって有害な胞子を撒き散らし、アレルギーやアトピーなどの原因になったり、建物が劣化したりシロアリが発生したり…と、様々な弊害を引き起こすので、そのまま放っておくと大変なことに…!!

1414

カビの発生原因から考えるカビ対策

では、この百害あって一利なしの梅雨時のカビを防止するにはどうすれば良いのでしょうか?


カビ予防には、カビが発生する要因を突き止めてそれを排除してしまうのが一番です。

カビが発生する主な要因となっているもの、それは…。


湿度」と「温度」、「カビの栄養源」の3つです。


カビは、70%以上の湿度と20~30℃前後の温度という環境において活発に繁殖します。


更に、服の線維やホコリ、木材のクズなどもカビの栄養源となって、どんどん繁殖していきます。

逆に言えば、この3大要因を排除してやれば、梅雨のカビ対策になるわけです。

スポンサーリンク

湿気と温度対策

まずは除湿を徹底して心がけましょう。

換気扇除湿機は、梅雨の湿気を抑える助けになりますが、窓のサッシや建築素材によっては、壁などの湿気までは除湿しきれないことも多いようです。


根本的なカビ予防のためには、一日に最低でも1回、できれば2~3回は窓を全開にして空気を通しましょう


窓を開けて換気すると、室内の室温もおさえられます。


実際、私の家でも、家にいる間窓を開け放って置くようにしたところ、目に見えてカビの発生量が減ったのを実感しています。

こまめなお掃除でカビの栄養源を排除

カビは、栄養源となるチリやホコリがなければ、簡単には育ちません。

ですから、梅雨の時期は特に、こまめなお掃除が欠かせません。


掃除機でホコリを吸うのはもちろん、ホコリがたまりやすい部屋のすみや窓のサッシなどを掃除をすることも大切です。


特に湿気が多くなりがちな所や窓周辺のふき掃除は念入りに!

盲点になりがちなエアコンの掃除も忘れずに!

エアコンも定期的にお掃除しましょう。

ついついお掃除を忘れてしまいがちなエアコンは、ホコリのたまり場。

とてもカビが生えやすい環境にあります。


一度カビが生えてしまうと、吹き出し口からカビの胞子が撒き散らされてしまうことに…。

これではいくら部屋を掃除してもカビの根絶にはなりません。


エアコンを稼働させるシーズンの前にはしっかりとお掃除を。

梅雨のシーズンは、2週間に1回はフィルターに掃除機をかけましょう!


カビ予防のために、掃除した後はエタノールスプレーを吹きかけておくとより効果的です。


原因不明の体調不良で梅雨だる
を起こさないためにも、カビ対策は今からシッカリしておきましょう!


【簡単】家事えもん流お風呂掃除:カビ取りはかたくり粉で!

家事えもん流お風呂掃除は天井のカビを退治することから!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ